2017年11月12日

ペット総回向法要 ペット供養塔前

毎年この時期は良い天気に恵まれる率が多く、今回は特に絶好のペット供養日寄りでした。
いままでで一番参列者の多い法要となりました。
納骨した檀家さん以上に、何倍も他のペット納骨家族が参加しています。

当日の供養は一切無料です。気軽にお参りしていただき、お寺に興味を持っていただくことも目的です。檀家さんのための施設のつもりが、他の方々の申し込みが圧倒的多数となっています。


少しお話をさせていただいてからお経となります。
今回の話は「四苦八苦」です。
そのうちの愛別離苦(あいべつりく)は「愛する人と別れる苦しみ」なのですが、「今では愛するペットと別れ別れになる苦しみも多くある時代(ペットロス)」と話すと、うなずく人が何人もいました。なにしろペットは家族ですからね。

難しそうな話と思われるでしょうが、かなり柔らかく話したつもりです。笑いも漏れていました。

前もって注文していたお花以外に参列者がお持ちした花は、その倍以上ありました。

 

まず初めての方のためにお線香の手向け方をお教えします。この供養塔では、お線香を一束、紙も取らずに火を着けている方が何人もいます。霊園などでも多く見ますね。


お線香を五本ぐらいづつ手向けていただく間、般若心経とご真言をお唱えするのですが、今までで一番多くお唱えしました。

イメージ 3


この後、阿弥陀堂、ご本堂にも希望する方は、お参りしていただきました。

 
写真では少数ですが、この5倍ほどの方が本堂に上がって、お焼香していました。
 
今回はかつてベビーカーに乗っていたお嬢ちゃんが、今ではもっと大きなお子さんと参列していました。
歳をとるのも無理ないな~と感じた日でもあります。
 
今回も石屋さん、葬儀屋さんの協力を得ることが出来ました。
かつては自分だけでも出来ると思ったのですが、車で来られる方が多く、駐車場も二重に止めていただかなくてはなりません。お線香も今では一人でお渡しするのも不可能と思える人数になりました。
雨であれば、テントも必要になります。
 
無事終わり、ホッとしました。
 
ペット供養塔 link
 
ページ上部へ