2022年05月15日

関東三大天神 湯島天神 亀戸天神 谷保天満宮 +大生郷天満宮

関東三天神は全て東京にあります。湯島天神、亀戸天神、谷保天満宮です。

湯島天神、亀戸天神は十数年前に参拝しています。

 

湯島天神

湯島天神は上野公園から比較的近くにあります。

上野からは色々な見所もありますので、自分なりのコースで参拝すると良いでしょう。

 

拝殿

 

境内

上の写真とは時期が異なります。

梅花の頃は出店も多く、この日は猿回しを楽しむ方々が大勢いました。

 

 

各地の天神様も梅の木が植えられています。

 

湯島天神 東京都文京区湯島3丁目30−1  地図link

 

亀戸天神

運良く藤が満開にあと少しの時に参拝しました。

 

 

梅の木がないわけではありませんが、圧倒的に藤の花が目立ちます。

 

 

上の写真は太鼓橋からの撮影です。眺めも楽しめます。

 

花園社は道真公の奥様「宣来子」を祀ります。

 

亀戸天神 東京都文京区湯島3丁目30−1 地図link

 

谷保天満宮 

道真公の第三子・道武公により開創された神社で、東国では一番古い天神社です。

古い撫で牛は、素晴らしい石像です。

 

厳島神社北側はアジサイの名所で、良い時期に訪れたと思います。。

 

鶏が放し飼いになっていました。

 

前の写真より早い時期に来たとき梅林です。

 

谷保天満宮  東京都国立市谷保5209 地図link

 

大生郷天満宮

関東三天神に含まれませんが、日本三天神に入れられることのある天神社です。

何故ならば道真の遺骨を祀っている神社だからです。

 

 

道真公の三男・菅原景行が常陸介として遺骨を携えて赴任し、道真公の墓を建てました。

さらに現在地に移し、延長7年(929年)創建致しました。

 

 

菅原道真公御廟所と駐車場は、本殿の裏にあります。

 

大生郷天満宮ホームページlink

大生郷天満宮  茨城県常総市大生郷町1234 地図link

 

関東三弁天 江島神社 浅草寺弁天堂 布施弁財天(東海寺)

関東三弁天とは江島神社、浅草寺弁天堂、布施弁財天のことです。関東三大弁天とも言います。

 

江島神社

江島神社は辺津宮、中津宮、奥津宮の三社があります。

 

随神門

 

 辺津宮

 

奉安殿

弁財天十五童子が祀られています。全国の弁財天十五・十六童子所在地ブログlink

 

中津宮

 

奥津宮

 

岩屋の弁財天などの石仏群

 

足腰に自信のある方は、ここまで来られることをお勧めします。

島の中に数々の施設や社があります。

階段も多いのですが、時間をかけて島を一周することも楽しいです。

 

お昼はしらす丼を楽しみました。

 

 

江島神社  神奈川県藤沢市江の島2-3-8 地図link

 

浅草寺弁天堂

浅草の観音様で知られるお寺の一角に弁天堂があります。

普段から参拝者の多い寺院です。

 

浅草寺

 

弁天堂

境内でも東側少し外れになります。

 

弁天堂近くのお店で、焼きたてのメロンパンを食べることがあります。

出来たばかりは、ほっこりとして美味しいです。

 

仲見店

 

 

この日は浜離宮公園より、隅田川を水上バスで浅草に着きました。

 

 

浅草寺   東京都台東区浅草2丁目3−1 地図link

 

布施弁財天(紅龍山東海寺)

大同2年(807)の開山と伝えられています。

ここには平将門の伝承があり、二度ばかり参拝しています。
二回目は妙見菩薩が近くに祀られていましたが、境内に移築されたことにより妙見菩薩、平将門関連(平家の末裔)の方々ととも参拝致しました。

 

楼門

 

鉄道の発達以前は、利根川の水運で多くの参拝者がもう出ました。

 

御本堂

立派な弁財天様が祀られていました。

 

鐘楼堂

五重塔や諸堂が祀られています。

 

妙見堂

妙見菩薩が祀られています。

 

当寺(円泉寺)ホームページの「妙見信仰」link

 

布施弁天  千葉県柏市布施1738  地図link

 

掲載した写真は5~12年前の参拝時です。

 

ページ上部へ