2022年09月16日

渋沢栄一記念館 埼玉県深谷市

渋沢栄一の生家である「中の家(なかんち)」などを見学した後に、渋沢栄一記念館を訪ねました。

 

記念館PDFlink

 

記念館前はかなり広い駐車場が用意されています。

NHK大河ドラマ放映中は、かなりの見学者が訪れていたのでしょう。

2024年度発行予定の新一万円札には、渋沢栄一の肖像が使用される予定ですので、そのころには同じように見学者が来られると思います。

 

 

近在には渋沢栄一に関連する施設が、アチコチにあります。

 

中の資料室は撮影禁止となっています。

 

談話室には渋沢栄一のアンドロイドが「道徳経済合一説」の講義を行います。

単なる金儲けだけではダメです。経済を発展させるために、経営者として道徳を尊重すべきであると説かれたのだと思います。江戸時代の道徳を尊重し、金儲けは悪であるとの論語教育を戒めた内容でした。儒教に対する再評価を論じています。

 

内容は異なりますが、「渋沢栄一記念財団資料館だより」の一部を使用させていただきます。

渋沢栄一の中心的考え「道徳経済合一」についてです。企業の目的が利潤の追求にあるとしても、その根底には道徳が必要であり、国ないしは人類全体の繁栄に対して責任を持たなければならないという意味のものでした。この部分をテーマとした講演依頼が数多く寄せられていることや、渋沢栄一も人生の規範、道徳面の拠り所とした『論語』に関する出版物や、渋沢栄一の「道徳経済合一」の考えを目に見える物として世に出した一書『論語と算盤』に関する書物が多く出版されているのもその表れと思われます。
 前に示した渋沢栄一の思想ともつながるところですが、『論語』、儒教精神の再評価が見られる中で、渋沢栄一が注目されています。その要因として、中国の台頭につながる東アジアの存在感の高まりが考えられます。渋沢栄一の中心的考え「道徳経済合一」についてです。企業の目的が利潤の追求にあるとしても、その根底には道徳が必要であり、国ないしは人類全体の繁栄に対して責任を持たなければならないという意味のものでした。この部分をテーマとした講演依頼が数多く寄せられていることや、渋沢栄一も人生の規範、道徳面の拠り所とした『論語』に関する出版物や、渋沢栄一の「道徳経済合一」の考えを目に見える物として世に出した一書『論語と算盤』に関する書物が多く出版されているのもその表れと思われます。
 前に示した渋沢栄一の思想ともつながるところですが、『論語』、儒教精神の再評価が見られる中で、渋沢栄一が注目されています。その要因として、中国の台頭につながる東アジアの存在感の高まりが考えられます。

 

講義の後には、記念撮影が可能です。

当日受講したのは6名だけでしたが、

女性の研究員さんの説明も的確で、楽しく受講できました。

 

建物の北側では、巨大な銅像が青淵公園を眺めていました。

この場所を気がつかない人が多いようです。写真撮影をしていたのは、私を含め二人のみでした。

PDFにも記載がありません。

かつてこの像は深谷駅にありましたが、平成7年10月に記念館に移されました。

 

旧渋沢家「中の家」ブログlink

 

渋沢栄一記念館  埼玉県深谷市下手計1204 地図link

 

真言宗智山派・大福院と葦原大神社 子育て 子授け 埼玉県深谷市

大福院

血洗島諏訪神社の裏手に向かうと、お寺と神社が見えました。

 

当寺(円泉寺)と同じ真言宗智山派の寺院でした。

門柱の文字を読むと、以前参拝した本庄市の大正院関連の寺院です。

大正院副住職が住職を務めていますが、ここに住んでいるわけではありません。大正院ブログlink

 

入口のお地蔵様には、女性用の着物が着せられています。子供用のようです。

七五三で使用された衣装でしょう。

お地蔵様は、子育て地蔵と言われているようです。

(秩父市の廣見寺にも、着物を着たお地蔵さまがありました。)廣見寺ブログlink

 

まず山門から御本堂に向かいました。

 

境内には桜が多く、花の時期に参拝するのが良さそうです。駐車場は広いですので、困ることはなさそうです。

 

 

大福院  深谷市南阿賀野277  地図link

 

葦原大神社

西隣は葦原(あしはら)大神社があります。祭神は醜男命:しこおのみこと(大国主命)です。

大福院は葦原山の山号があります。廃仏毀釈以前はここの別当でした。

廃仏毀釈後に葦原が葦原醜男命に通じることから、祭神としたようです。

葦原大神社は女性の守り神、とりわけ安産の御利益があるとされています。

 

当地の獅子舞は、子授けの御利益があるとされるのは、それほど古い信仰ではありません。

昭和初年に当地出身で長い間子宝に恵まれなかった持田某が、子供が授かるよう当社に祈願し、妻に獅子頭をかぶせてみたところ、程なく懐妊したことが評判となったことに始まります。

祭礼後の直会(なおらい)は、大福院で行われます。今でも寺と神社は一体とされているようです。

大福院のお地蔵様の着物は、子授け・子育ての御礼の意味があるのかも知れません。

 

 

天神社と手長神社

 

葦原大神社  埼玉県深谷市南阿賀野276

 

大福院と葦原大神社は、子授け・安産・子育てとして信仰されているようです。

 

ページ上部へ