法恩寺 渋沢平九郎の埋首の碑 埼玉県越生町

法恩寺は天平10年(738)に行基菩薩によって開かれた寺として知られています。

江戸時代は真義真言宗関東十一檀林の寺で、多くの僧侶を養成していました。現在でも多くの末寺を持つ真言宗智山派の本寺です。兼務する寺院も多くあります。

ここも越生七福神の札所で、恵比須さまを祀っています。

 

渋沢平九郎の墓の三回目です。自決の地リンク     全洞院墓

 

場所は「越生駅」西側から、すぐの場所にあります。

 

 

多くの宝物が残されており、重要文化財などに指定されています。

同じ宗派ですが、私が住職をする寺とは、歴史も規模も大違いです。

 

 

渋沢平九郎埋首の碑は、墓地に向かう階段の途中にあります。

 

 

明治7年(1874)、法恩寺の渋沢平九郎お骨は、場所が分からないようです。谷中の渋沢栄一家の墓に移されましたと書いてあるサイトもありましたが、事実ではなさそうです。

渋沢栄一家の墓にある平九郎の墓は、石塔が深谷に移されたようです。事実か分かりませんので、後日確認したいと思っています。ストリートビューで見ても、谷中には他の方が紹介している石塔がありませんでした。渋沢栄一家 谷中墓地 地図

全洞院のように墓は作らなかったようです。

この碑は、昭和39年に建立されました。

 

 

境内は広く、また整備されていました。

 

 

法恩寺 ホームページlink

法恩寺 埼玉県入間郡越生町大字越生704  地図

 

 

←渋沢平九郎の墓 全洞院 埼玉県越生町          円泉寺と七観音石塔 埼玉県越生町

 

ページ上部へ