渋沢平九郎の墓 曹洞宗 全洞院 埼玉県越生町

自刃した渋沢平九郎の墓が全洞院にあります。

渋沢平九郎自決の地の続きです。

 

 

全洞院の道を挟んで反対側に熊野神社があります。広い駐車場がありますので、ここに駐めました。

以前に熊野神社に詣でた折りのブログです。リンク

 

 

熊野神社には、ハイキングや写真撮影の人を見ましたが、全洞院まで行く人は私を入れて3人だけでした。平九郎の墓まで行ったのは私だけです。

それでも以前神社に来たときは、私一人でした。

新型コロナウイルス流行のため、意識して人の少ない場所を選んでいるのかも知れません。私と同じです。

 

 

渋沢平九郎の墓があるのは知りませんでした。自決の地は20年ほど前に行ったことがあります。

 

 

墓は一番上の奥でした。

 

渋沢平九郎墓

 

明治7年(1874)、渋沢平九郎のお骨は、谷中の渋沢栄一家の墓に移されました。渋沢栄一家 谷中墓地 地図

その後に、この墓石が建立されています。

渋沢栄一家の墓にある平九郎の墓は、石塔が深谷に写されたようです。事実か分かりませんので、後日確認したいと思っています。

 

 

明治32年・45年に渋沢栄一は、墓参りに訪れています。

 

全洞院は越生七福神の札所になっていますが、御朱印は龍穏寺で受け付けています。

 

 

全洞院  埼玉県入間郡越生町大字黒山734 地図

 

←渋沢平九郎自決の地 埼玉県越生町               法恩寺 渋沢平九郎の埋首の碑 埼玉県越生町

 

ページ上部へ