円泉寺便り

根津美術館

根津美術館には、茶器の名品や古い発掘された陶器が展示されています。

東京都港区南青山6丁目5-1  根津美術館 link     

 

茶器などと思っていましたが、味わい深い器です。

若い頃は良いとも思いませんでした。

次に行く泉屋博古館の展示物と同じような中国の青銅器と漢字や和歌の切も展示されていました。

 

ガンダーラ仏と外の景色

 

今回一番楽しんだのは、庭園の紅葉です。

 

石仏も私の近在では見ることが出来ない、良いお姿の仏様ばかりでした。

 

次に泉屋博古館に向かいました。

 

表参道から根津美術館

お上りさんとしては、表参道や青山などは無縁な場所ですが、一度歩いてみようと一駅分歩きました。

住職のことだから間違って降りたのだろうとの言葉も聞こえそうです。

 

面白い意匠展示がされています。

建物もさすがに都心だと思います。

ジングルベルの歌が、もうそろそろ聞こえてきそうです。

 

根津美術館に着きました。

妙見尊大祭大護摩供 星祭 開運 厄除

祭礼は昨夜から始まっています。本日は妙見さまの大護摩供です。

役員さんには、始まる前に妙見菩薩と他の仏様、昔の話しなど行っています。

新しい役員さん向けなのですが、続けて担当している方もいますので、毎回異なった話しも入れています。

 

お護摩のときは、いつもの自分と異なる姿勢で行っていますが、なかなか集中することが難しく、恥ずかしくなります。

 

お参りは毎回、夕方近くになってから増えてきます。

まだまだまばらです。

 

かなり冷えてきました。

 

お札の申込み

一般の方の御護摩札申込みは、地元の祭ですので、当日に妙見堂にお申込みください。

 

駐車場

祭礼準備

今日の夜から祭礼となります。

明日が本番ですので、地域の方々が参加して準備も大変です。

電気屋さんも明かりの配線です。

私は皆さんが帰って、お護摩の準備です。

あけぼの子供の森公園

市内にあるムーミンの話しを元にした公園です。link

たくさんの人が訪れています。

きのこの家

今の時期は黄葉がきれいです。

 

 

水面の黄葉も面白いです。

カフェプチスト

 

 

別の場所にもムーミンのメッツァビレッジも出来ました。飯能市の北と南にムーミンの施設があります。メッツァ link   

あけぼの子供の森公園  埼玉県飯能市阿須893-1  月曜日休み      場所

 

近くの阿須運動公園も子供向けの施設があります。

 

鉢形城跡 寄居町

鉢形城歴史館 埼玉県寄居町鉢形2496−2  地図

鉢形城 Wikipedia

二度ほど訪れていますが、学生の頃は今のように整備されていませんでした。

5年ほど前には今のようになっていたと思います。

鉢形城歴史館は、必ず寄られることをお勧めします。

 

内部はここまでしか写真が撮れません。

歴史館を出た跡は、城跡の散策に行きました。

深沢川

 

北側には荒川が流れ、周りも深沢川を利用して防備に備えていました。

これでは攻めるのも大変だったでしょうが、豊臣軍は圧倒的兵力と最新の大砲などを使用していましたので、北条氏邦も開城せざるを得なかったわけです。

寄居町の町並みが見えます。先ほど行った極楽寺も望めました。

 

深沢川

歴史ある城跡ですが、今のように整備され、気軽に散策できるようになりました。

有名な武将が、この城を守り、攻めていました。

改めてスゴイ城だったことが実感されます。

 

 

宗像神社 寄居町

ここは先ほど書いた廃仏毀釈以前は極楽寺聖天宮の下社でした。

ここに書かれた縁起では最初から宗像神社ですが、聖天様ではまずいと宗像神社にしたのでしょう。

あるいは同じ敷地に宗像社があったのかもしれません。

 

 

すぐ脇の池の中に厳島神社があります。いかにも弁天様のお社です。

私はここの池に映るお社が好きです。

以前お参りに来たときは、噴水が勢いよく出ていました。

 

 

裏に回ると、先ほど行った極楽寺が、八高線と隔てて望めます。

極楽寺と一体だったことがうかがえます。

極楽寺 寄居町

今から十数年前、妙見菩薩を調べていた頃にお参りに来ています。

いつ頃かは知りませんが、かつて妙見さまが祀られていたと書かれていたことがありました。

聖天宮前の紅葉がきれいです。

  地図

 

額に歓喜天の文字が刻まれています。

ここは寄居七福神の内、毘沙門天と弁財天の札所になっています。

これらの大きな七福神像は、どこかの宿で祀られていたそうです。

ここが手放すことになり、寄居町のお寺が引き受け、札所となました。

以前ここにお参りに行った方に聞くと、正月の初め頃でありながら、あまり参拝者がいなかったと話していました。

 

私の住む寺は武蔵野七福神札所ですが、他の六カ所に比べると、グンとお参りが少ないのです。交通の便が悪く、ほとんどバスの便がありません。

 

正龍寺 寄居町

ここも藤田氏関連の寺院です。

ズッと以前ここに来ており、いくらか調べていました。

後に当寺檀家さんが、藤田氏を研究していましたので、色々教えていただきました。少しは覚えていたはずなのですが、ほとんど思い出せません。

優れた彫刻の仁王様です。

各地に仁王門がありますが、見劣りしない像です。

 

御本堂の西脇墓地の上に、北条氏邦夫妻、藤田康邦夫妻の墓があります。北条氏邦Wikipedia

銀杏の黄葉が見事でした。

年々大きくなってきますので、管理も大変でしょう。

 

善導寺 寄居町

浄土宗の元檀林なのですから、江戸時代は多くの学侶が学んでいたのでしょう。

寄居十二支霊場はあまり知らなかったのですが、有力な寺院が札所となっているようです。

札所寺院は空けている訳にはいきませんので、苦労も多いと思います。

私のいる寺も幾つかの札所になっていますが、どうしても不在となることが多くありました。「一年365日、寺にいるのは当たり前」と言われた時は、さすがに参りました。

ある有名な札所の住職が入院したときは、大変だったそうです。ほとんどか家族経営の状態でしょう。

ここも紅葉がきれいでした。

善導寺  埼玉県大里郡寄居町末野1686 地図             

 

ページ上部へ