円泉寺便り

暑くてローソクが !

この暑さのため弁天様前のローソクが、香炉に倒れ込んでいました。

 

 

このような事は、めったに無いのですが、この暑さは異常です。

 

 

先日来られた沖縄の檀家さんが、向こうの方が過ごしやすいと言っていました。

 

異常な暑さが、当たり前になりませんように。

熊野観心十界図 工芸品

もうじきお盆です。

戦国から江戸初期に活躍した熊野比丘尼が絵解きで使用した地獄極楽図です。

元の図は臨済宗円福寺の寺宝で、東京都指定有形民俗文化財になっています。実物は、かなり大きいようです。

円福寺  東京都西多摩郡瑞穂町箱根ケ崎132  リンク

 

女性が多く書かれていますので、比丘尼による女性の救済を強く説く図のようです。

天・人・修羅・餓鬼・畜生・地獄の六道と、仏・菩薩・声聞・縁覚の四聖界の十界が描かれています。

順不同に並べましたが、おどろおどろしい図は嫌いです。

現在と時代の様相が異なりますので、この図の説明を読んでも違和感を覚えてしまいます。

 

お寺での御法事などでは、希望が持てる明るい展開になるように、特に49日忌では、間違いなく良い世界に行っていると説明するようにしています。

 

今度の施餓鬼会には、御本堂に掛けるつもりです。

 

熊野観心十界図 ジグソーパズル

 

 

10年ほど前に求めたジグソーパズルです。額の大きさはA3程度の大きさです。

 

ピンクの百日紅

ピンクの百日紅だけが元気に咲いています。

赤は老木が多く、勢いがありません。

赤も若い木もありますが、今年は花が少なく感じます。

 

喪主は友人達

 

数ヶ月前でしたが、永代供養の申し込みに来られた方々は、友人達でした。

別れた奥さん、子供達は連絡しても、ご遺体を引き取らなかったそうです。

 

行政が負担をして火葬に致しましたが、仲の良かった友人達がお金を集めて、火葬後に御本堂で質素な葬儀をしました。

負担が無いように、永代供養に必要な料金以外に、お花代を数万円いただいただけです。

この後に永代供養塔に納骨を致しました。

時折仲間が墓参りに来ているようです。

 

このようなことが、数年に一度あります。

中には仲間の町長さんが火葬場まで来られたと、話していたこともあります。

 

こうして葬儀までしていただける仲間がいて、感謝していると思っています。間違いなく良い世界に行っているでしょう。

 

飯能河原の花火

昨年の飯能納涼花火大会です。

 

お気に入りです。

モノクロにしてみました。

 

 

 

今年(令和元年)は8月3日(土)   19:30~20:30   雨天中止

打上数 1000発

 

つまみ細工 阿弥陀堂匠工房の作品

阿弥陀堂の石屋さんが、つまみ細工に熱中しています。

バラ  吊り下げることもできます。

朝顔

朝顔にアリさんが。

下に磁石が付いています。右の苔玉は未完成品。

ひまわり完成

桔梗

ひまわりの額

バラ

お客さまの注文品 お店につるします。実物は色鮮やかです。

バラの花

 

 

円泉寺阿弥陀堂売店

住   所/ 埼玉県飯能市平松376

T   E   L/ 042-978-7703

営業時間/ 10:00~17:00

定  休  日/ 不定休無休 

石の匠工房リンク

葛飾北斎浮世絵 富嶽三十六景 江戸日本橋 工芸品

日本橋の人の賑わい、蔵、荷物を満載した小舟などの先に江戸城と富士が描かれています。

現在この位置から写真を撮ったら、どのようになるか興味があります。

 

以前行った時は、上に高速道路が走り、風情などはマッタクありませんでした。

高速道路の地下化の計画があるようですが、必要なことだと思います。

 

プーさんの蜂蜜 阿弥陀堂で扱っています。

 

阿弥陀堂に時々来られる廣田さんの自然蜂蜜です。

趣味で作っていますので、純粋に蜂蜜だけです。混ぜ物をしていません。

 

蓋を取ると花の香りがします。スーパーなどにある品とは異なります。

味も保証します。濃厚で美味しいですよ。

買って帰られた方からの話しでも同じ評価です。

 

白い泡はできたてだからだそうです。2月ほどで消えますので、安心してください。

冷蔵庫に入れる必要はありません。

 

もうけなどは度外視しているそうです。

 

 

普段は他の仕事に従事していますので、電話をしても対応できないようです。

阿弥陀堂でお求めくだい。      

円泉寺阿弥陀堂  飯能市平松376番地   地図 

TEL:042-978-7703  

 

ページ上部へ