他の寺社

大霊神社 板碑 埼玉県東秩父村

小川町のラジュモハンで昼食後、東秩父の和紙の里に向かいました。

途中、板碑が見えましたので、路駐で撮影のみです。

 

 

旧大河原村の戦没者の為に昭和27年に創建されました。

道路に面して、立派な板碑が見えます。調べてみると近くの日蓮宗・浄蓮寺関係が多いようです。

 

 

大霊神社 埼玉県秩父郡東秩父村御堂

追記 浄蓮寺ブログlink

 

倉尾神社 埼玉県小鹿野町

今日は秩父でも北部を中心に廻りました。

先ずは倉尾地区の総鎮守である倉尾神社です。

秩父と信州を結ぶ、大事な交通路でした。

 

 

創建は延徳2年(530)と伝えられています。群馬県上野村の野栗神社から勧請されました。※現在の乃久里神社と思います。

神仏分離までは、野栗三社権現と称していました。

かつては金の神像が祀られていましたが、昭和13年に盗難に遭ってしまいました。

 

 

毎年例大祭には長旗付煙火の奉納が行われます。

 

 

倉尾神社 埼玉県秩父郡小鹿野町藤倉3133

 

椋神社 埼玉県吉田町

椋(むく)神社は龍勢祭りで、よく知られています。

昨年、友人に誘われて祭りに行かないかと言われたことがあるのですが、都合が付かずにいました。

近くまで来ましたので、参拝することにいたしました。

 

 

元々は井椋神社でした。

秩父には椋神社が何カ所もあります。古い名称の井椋神社は、川本町にあります。

 

 

ここにも日本武尊の伝承があります。

 

明治17年(1884)に秩父困民党の決起集会が、ここで行われました。

 

 

椋神社 埼玉県秩父市下吉田7377

 

妙見神社 埼玉県大滝村栃本

大滝村には何カ所か妙見神社があります。

全部廻ろうとしていますが、地図に載っている場所は少なく、どうにかここを見つけることができました。

栃本関所跡の300メートルほど東の斜面にありました。

 

 

 

通行の邪魔にならない場所を見つけて、急いで写真撮影です。

詳細は分かりません。

大滝村には秩父市より多くの妙見神社があります。

 

追記 2020/07/21

現在は秩父市大滝村になっています。地図

 

天台宗 妙見寺 東京都稲城市

北辰妙見尊は天平宝字4年(760)の開基、天永3年(1112)に領主は妙見寺を別当としました。

 

 

御本堂の御本尊は阿弥陀如来です。

 

 

妙見宮は鳥居から、長い階段を登った場所にありました。

 

 

ここは蛇より祭で知られており、階段の脇には萱で作られた、長い蛇体がおかれていました。

 

 

もっと太い胴体だったのでしょう。蛇体の周りには、細かくなった萱が広がっています。

あえて掃き捨てないのかも知れません。

 

 

二十三夜塔の前に蛇体の頭部が置かれています。

 

 

蛇より祭は寛文2年(1662)以来、8月7日に行われているようです。

 

 

妙見寺 東京都稲城市百村1588

 

追記

鶴ヶ島町脚折の雨乞い祭を思い出します。鶴ヶ島市 雨乞い祭リンク

 

竃三柱神社 秩父郡大滝村

新編武蔵野風土記に妙見社が記載されていました。幾つかの妙見社を探していましたが、立ち寄った竃三柱神社が妙見社を合祀したであった場所でした。

大滝村の総鎮守だった竃三柱神社を不便なためこの地に移しました。妙見社であった和田神社が竃三柱神社となった訳です。

 

 

散々探して、やっと見つけた妙見社でした。

 

追記 平成17年(2005)に秩父市に編入しました。

竃三柱神社 埼玉県秩父市大滝696 地図リンク

 

高野山真言宗 円満寺 群馬県桐生市

山手通りに面しているのですが、入口がよく分かりませんでした。道路からはかなりの斜面です。

狭い旧道が寺との間にあり、どうにか路上に駐めましたが、道順を変えれば入りやすかったようです。

路駐ですから迷惑になりますので、急いで写真を撮り車に戻りました。

 

御本尊は虚空蔵菩薩です。毎年4月13日が大祭です。

 

 

次に北辰伝に参拝です。妙見菩薩が祀られています。

 

 

もっと周りの寺院や神社も、お参り出来れば良かったのですが、要領が悪すぎました。

 

円満寺 群馬県桐生市西久方町2丁目3−19

 

日蓮宗 妙見寺 群馬県伊勢崎市

妙見菩薩関連の寺院などを巡っています。

お参りに行くと御住職は不在でしたが、奥様が赤ちゃんをおぶって対応していただきました。

 

 

明治に開山されたようです。

外からですが、御本堂内を拝ませていただきました。

 

 

真ん中の御本尊様が妙見菩薩です。

日蓮聖人、浄行菩薩、釈迦如来、大黒天などが祀られています。

 

 

妙見寺 群馬県伊勢崎市境西今井318

 

於菊稲荷神社 群馬県新町

先ほど行った森町の妙見寺の隣に、於菊稲荷神社がありました。

普通は於菊稲荷神社に参拝して、妙見寺に気がつく人もいるのでしょう。

 

 

江戸時代に「お菊」ということきれいな娘さんがおり、ここで近所の子供達の面倒を見ていました。

お菊が病気になると夢枕にお稲荷様が現れ、人々のためにつくせと言われ、ここの巫女となり、つくしていると、神秘的な力を持つようになりました。

参拝者が多くなり、於菊稲荷神社と言われるようになったのだそうです。

 

追記 2020/07/19 

新町は高崎市に編入しています。

於菊稲荷神社  群馬県高崎市新町247

 

日蓮宗 妙見寺 群馬県新町

於菊稲荷神社とは道を挟んで向かい側にあるお寺です。

 

日蓮宗祈祷相談所、九識霊断法相談所と掲示されていました。

毎月2日に倶生神(ぐしょうじん)の御祈願があるようです。おそらく九識霊断法で日蓮宗独特のご祈祷のようです。

 

追記 2020/07/19

新町は高崎市に編入しています。

妙見寺 群馬県高崎市新町128−1

ページ上部へ