2018年09月15日

秩父市の琴平神社、修験堂、岩井堂奥の院参拝

昨日は秩父の神社仏閣をお参り致しました。

先ずは琴平神社です。

 

ここは昭和電工の中を抜けて行くしかありません。

 

入口の守衛さんは、すぐ通してくれます。

まっすぐ向かえば琴平神社です。

 

鳥居の所を右に向かうと、太子堂がありますので、車はそこに止めました。

 

かなり急な階段になっています。

 

琴平神社に着きました。山中ですので期待していなかったのですが、なかなかのお社です。

 

さらに行くと奥の院となります。

 

これからは尾根道を行くことになります。

朝方までの雨で、木の枝に捕まりながら進みました。かなり滑ります。

 

鍾馗様の石碑です。石に刻まれた鍾馗様は初めて見ます。

 

ケバケバしい色のキノコです。

毒キノコでしょうが、とてもきれいでした。

 

 

江戸期に奉納された聖観音様の銅像です。

 

 

修験堂に着きました。

板や板の懸仏には、たくさんの神仏名が書かれてありました。

このまま手すりの着いた階段を降りれば、長者屋敷跡に行けるようですが、そこには行きませんでした。

少し戻って、岩井堂奥の院へ向かいます。

 

本来ならば、秩父札所26番は、ここなのですが、前回回ったときは円融寺納経所だけで済ましてしまいましたので、念願が叶いました。

後は真っ直ぐおりてくれば、太子堂・琴平神社に着きます。

太子堂

 

ページ上部へ