2020年08月21日

日射病のため救急車で緊急搬送

先日の朝4時45分に急に胃が痛くなりました。

歩くことができず、家族に119番を依頼し、緊急医療センター搬送となりました。

家族が保険証など、私が通院している病院へ持っていく袋を忘れずに手に持っていました。

 

 

二階から降りられませんでしたので、救急隊員が降ろしてくれました。

救急車に搬送され病院に着くと、レントゲン、脈拍、血圧、体温などを検査です。

普段の脈拍から10低く、血圧は上下とも20も低くなっています。

 

すぐに点滴も行われます。

途中嘔吐すると、急に楽になりました。

 

以前のように入院と思っていましたので、着替えは用意しませんでした。

来たときのパジャマを着ましたが、汗ビッショリでした。あんなに汗でぬれたのは初めてです。

手続きが終わり、戻ったのが午前8時半です。

 

家内が担当者に聞いた話では、軽い日射病だったのだろうと話していました。

お盆中に無理をしていたようです。

 

70歳一歩前ですので、もっと気を使わねばいけなかったと思います。特に夜の冷房は必要と思いました。

昨日あたりから、いつもとそれほど変わらない体調となりました。

 

多くの方々にご心配をお掛けしました。皆さんも、この異常気象ですので気をつけてください。

 

←小さな猫の七福神               寒山拾得拓本の掛軸

 

ページ上部へ