2020年08月30日

この高温の中 永代供養塔墓誌彫刻作業

まだまだ暑い日が続いています。

今日は気がつくと、永代供養塔墓誌に戒名などを彫刻していました。

慌ててカメラを取りに行きましたが、終わる間近です。

 

 

先程まで鉄粉を吹き出す音がしていましたが、静かになっています。

 

 

完全防備のような姿で、作業をしていたことが分かると思います。

この暑い日差しの中、鉄粉と石の破片が飛び散るのですから、楽な仕事ではありません。

 

 

丁寧な仕事をしていただきました。

 

 

当寺の墓誌に彫刻する文字は、他の寺院や霊園などに比べると、大きく彫刻されています。

墓誌も大きく、見栄えの良い納骨の施設です。

契約された方の全てが彫るわけではありませんが、後々残るお名前や戒名ですので、満足度は大きいと思います。

 

←慈母観音像掛軸               小さな薄緑の花

 

ページ上部へ