指金を持った大工神の聖徳太子掛軸

大工の神様 聖徳太子

聖徳太子が大工の神様として信仰されていることは知っていましたが、どのようないわれかは知りませんでした。

いままで図も見たことがありませんでした。

この大工神は聖徳太子らしいのですが、柄香炉を持たずに「さしがね(曲尺)」を持っています。

 

 

指金を中国から移入し、大工を集め講義を開いて建築の基礎などを教えたのだそうです。

あくまでも伝承と思いますが。

 

 

室町時代から太子講が大工、木工職人により、聖徳太子の命日・2月22日に行われていたようです。

掛軸は信州安原山宝幢院と書かれています。

どこの寺かは分かりませんが、長野県松本市の安原山大安楽寺かもしれません。廃仏毀釈で取り壊された後、明治24年に紀州根来大伝法院の宝憧院を移し、再興したそうです。

大安楽寺のホームページに「聖徳太子殿は手職人方々の講員によって守られ、信仰信者を多く集めております。」とありますので、ここだと思います。

大安楽寺ホームページlink     

あるいは、もう廃寺となったのかもしれません。

 

※淡交社より発行される本に、上記の画像が使用されます。

2021年に聖徳太子没1400年を迎え、太子のゆかりの地を紹介する本のようです。

題名は『淡交ムック 聖徳太子ゆかりの地を歩く』(仮題)となります。

 

聖徳太子掛軸

下の図はよく見る聖徳太子の図です。

 

 

柄香炉を持っています。

 

追記 2020/10/11

淡交社から「たずねる わかる聖徳太子」が発行されました。

 

裏表紙にも使用されています。

 

ページ上部へ