天神像と渡唐天神図-菅原道真公

天神像

当寺の天神社には廃仏毀釈の影響はなく、天神様(菅公)の御尊像が祀られています。 

天神社リンク  

 

201582618471.jpg

天神像

 

あまりにもひどい状態でしたので、3年前に修復致しました。

 

2015826184842.jpg

渡唐天神図

菅公は遣唐使には選ばれましたが、唐に行くことはありませんでした。

渡唐天神図は鎌倉時代になってからの逸話から描かれた画像です。中国が栄となった時代の話しです。

菅公が禅を学びに渡栄し、径山万寿寺にいた無準から法衣を授かったとされる逸話が生まれました。

時代が違うのですから、実際に行ったわけではありません。

 

2015826185749.jpg

渡唐天神図

 

室町時代になるとたくさんの渡唐天神図が描かれました。唐服に梅の枝を持ち、腰袋のお姿が特徴です。

この画像は明治以降の天神図です。是眞の落款がありますが、柴田是眞とは思われません。落款がなければ良かったと思っています。

中山秋湖の道真公の掛け軸

大宰府に流され、失意の時に東(御所)に向き、院から頂いた衣服を捧げています。

 

201582619274.jpg

菅原道真公

2015826192735.jpg

 

上は絹本の多分本物、下は印刷です。

 

この図はネットのオークションでも度々出てきますので、かなり多くの掛け軸が存在していると思います。

細かく比べると下絵は同じでも、彩色に違いが見られます。印刷の原画ではないようです。印刷の方が緻密に彩色されています。

印刷の掛け軸の方が私は好きです。

一枚板の菅公と牛の彫刻

 

201582717712.jpg

 

道真公と牛の逸話も多くあるようです。

天神様が祀られている神社に行くと、よく大きな牛の銅像や石像を見ます。

なでると願い事が叶うと言われているようです。当寺の天神社にも小さな撫牛が祀られています。

2015827181739.jpg

菅公の和歌

201582620102.jpg

 

 

    東風吹かば  にほひおこせよ  梅の花

                      主なしとて  春な忘れそ

 

    こちふかば  においおこせよ  うめのはな

                        あるじなしとて   はるなわすれそ

 

ページ上部へ