2020年07月21日

カナブンとヤマトタマムシ

カナブン

昨日朝のお勤めのおり脇を見ると、妙見堂の樫の木にカナブン(コガネムシの一種)が、樹液を吸っていました。

戻ってネットで調べると、カナブンは害虫ではないと書かれていました。

 

 

しかし、一緒にスズメバチも樹液を吸っています。

近くには、もう一匹います。

 

 

ただひたすら樹液を吸っていました。

もっと近くで撮影したかったのですが、君子危うきに近寄らずです。

私は君子ではありませんが、スズメバチの被害で入院した檀家さんもいます。

 

ヤマトタマムシ

しばらくすると地面に黄金虫が、仰向けになっていました。

木に穴を開ける害虫です。

蟻がたかっていましたので、うつ伏せにしましたが、飛ぼうとしません。体力が無くなっているのでしょう。

 

 

とりあえず近くの植木に移しました。徐々に登っていきました。

 

 

 

しばらくすると、いなくなっていました。

飛んでいったとは思われません。もう寿命なのでしょう。

 

←ブルーサルビア               ハグロトンボ→

ページ上部へ