2020年07月08日

ある檀家さん 高熱と肺炎で緊急入院

先日来られた檀家さんが、入院していたと話していました。

高熱と息が苦しいために、救急車で病院に運ばれたため、誰もが新型コロナウイルスに罹患したと思ったようです。

まず隔離病棟に入院です。

二度の検査の結果、陰性でした。

現在はどこの病院でも、たとえ一般病棟に移っても、誰も面会ができません。洗濯物などを担当の看護師さんから受け取るだけでした。

 

しかし、検査の結果が出るまでは、生きた心地がしなかったそうです。家族にもコロナに罹かっている者が、いるかもしれない状況でした。

スマホが唯一の通信手段でした。あれほどスマホに感謝したことはないそうです。

 

「住職の世話になるのか思っていた」と話していました。ご家族も同様です。

しかし、コロナの場合では、病院から火葬場に直行になります。家族に会えるのは、お骨になってからとなります。

周りにいた家族も、本当に嬉しそうな笑顔でした。

 

父親の一周忌に帰れない !          真言宗智山派 圓泉寺埼玉県川島町

 

ページ上部へ