2020年07月03日

円照寺の睡蓮とコウホネ 埼玉県入間市

円照寺は円泉寺と共に、武蔵野七福神の札所です。

埼玉県の七福神札所の御朱印を紹介する本が出版されるとのことで、札所の会長している御住職に御朱印を届けに参りました。

 

 

弁天堂の池には、たくさんの睡蓮とコウホネが咲いていました。

一眼レフを持ってくれば良かったと思いましたが、小さな古いカメラが車に入れてありましたので、撮影をすることにしました。

 

 

睡蓮が一番の見頃でした。

 

 

 

鯉が寄ってきました。受付に鯉のエサを売っています。

 

 

コウホネも咲いているのですが、もっとアップで撮れば良かったと思います。

 

 

若い女性が、キヤノンのフルサイズで撮影していました。あれならば良い作品になるでしょう。

私はAPS-Cでも軽いカメラと軽いレンズのみの撮影が多くなりました。近頃は古い普通のデジカメが増えていますが、画質は一眼レフにはかないません。

 

まだ、掲載予定のブログもあるのですが、睡蓮が見頃ですので、こちらを優先致しました。

 

真言宗智山派 円照寺 埼玉県入間市大字野田158  地図

 

←緊急事態解除後も新宿には寄るな ! 新宿区の某会社の方針               能勢形妙見菩薩像

緊急事態解除後も新宿には寄るな ! 新宿区の某会社の方針

先日、円泉寺のホームページの契約をしている、新宿区の某社営業さんが来られました。。
基本的な設定と目に見えぬ部分以外は、私が自分で書き込んでいます。ブログも書けるシステムになっています。



緊急事態宣言が解除され、どうにか営業再開となりましたが、新型コロナウイルスのため、ほとんどの社員がテレワーク(在宅勤務)となっています。しかし、未だに本社には問合せ、システム保守など、最小の社員だけで対応していると話していました。

この会社では新宿区にありながら、新宿の繁華街には行くなと厳命が出ているそうです。
当然人混みの多い場所は、禁止のようです。

東京ではコロナ感染者が、またまた増えてきました。埼玉でも東京で感染した人がいるのです。当然の対応だと思います。

 

 

 

昨日のニュースでは、新宿より池袋での感染が増えていると書かれていました。西武池袋線沿線には、当寺檀家さんが大勢住んでいます。円泉寺は西武池袋線「飯能駅」が最寄りの駅です。

 

来られたのは二人の真面目な営業さんです。
当然、マスク着用でした。
私もマスクは必需品です。

 

 

御本堂を開け広げて対応です。
まあ、通す部屋がないのと、一番風通しの良いのが御本堂なだけでしたが。

 

 

今までの契約より月々の支払いが、グンと多くなりますが、新しい提案を受け入れました。
実務を担当する部署からも電話連絡があり、先方の提案、こちらの要望などを話し合いました。

担当の窓口の方は、寺院の特色を良く研究しているようでした。
以前来られた別の会社では、営業が寺院や現在の意識の変化を知らなすぎることがありました。呆れて帰ってもらったことがあります。

ホームページは見た目が変わらないと思いますが、支払い分だけでも成果があればと思います。
各寺院だけでなく、いろいろな企業が新型コロナウイルスのために、壊滅的な被害を受けています。檀家さんから収入が減った、実質リストラなどの声を聞きます。

いつまでもじっとしているわけにも行かず、このところ人のいないと思われる場所に出かけ、ブログネタを見つけています。おとなしくばかりしていることも出来ません。

新しい提案には前々より考えていたことが含まれていました。専門知識がないと対応できないことでしたので、ワンステップが良い結果となれば良いと思っています。

 

←天台宗 薬王寺 埼玉県毛呂山町               円照寺の睡蓮とコウホネ 埼玉県入間市

 

ページ上部へ