2020年12月

新田触不動尊 高野山真言宗 西慶寺 群馬県太田市

以前他の新田触不動尊を参拝したのですが、郷土史の方はこちらが本家本元だと話しているそうです。

新田家の祈願寺でしたので、間違いないでしょう。

 

 

境内には多くの木が植えられています。四季折々に楽しめる寺です。

 

 

梵鐘は太田市指定文化財になっており、新田触不動尊の縁起が刻まれています。

不動明王が新田義貞鎌倉攻めのおり、越後国の新田一族に知られるために、天狗や山伏に化して触れ回ったと伝えられています。

このことにより援軍数百名馳せ参じました。

 

 

新しい御本堂が建立されていました。

 

 

こちらが触不動の御堂です。

 

 

境内の石仏です。

 

 

この石仏が残念ながら分かりません。

 

二十三夜塔は文化9年の造立です。

 

西慶寺  群馬県太田市烏山 上町1426−1 地図

西慶寺カフェ (ブログ) リンク

 

←妙義神社 群馬県富岡市                木枯らし紋次郎 三日月村 群馬県太田市→

 

妙義神社 群馬県富岡市

上毛三山の内、妙義山を御神体とする神社です。

 

 

かつて妙義神社近くの道路から、遠方でしたが岩肌を登る登山客を見たことがありました。

何カ所か鎖場があるそうです。

 

桜や紅葉の頃が一番の見頃でしょう。

 

 

総門につきました。

江戸時代後期の八脚門の代表的な遺構名のだそうです。重要文化財に指定されています。

 

 

 

廃仏毀釈以前は天台宗白雲山高顕院石塔寺が別当でした。

よく額と仁王像が残されていたと思います。

 

 

随神門です。

 

 

唐門は明暦の頃に建設されました。県の重文に指定されています。

 

 

門を潜り御本社を参拝します。

 

拝殿・御本社は国の重要文化財に指定されています。

日光を思い出します。

 

 

御本社の北には影向岩がありました。

岩の上には紅葉があり、下の隙間には石祠が祀られていました。

 

 

宝暦以前に波己曽社(はこそしゃ)は、本殿が出来る前には本社でした。県の重要文化財です。

 

 

以前宝物殿を見学させていただいています。

残念ながらコロナのため拝観停止となっていました。

 

 

総門北側には髙石垣が築かれています。石垣の上が、かつての高顕院御本堂でした。

 

 

 

妙義神社 群馬県富岡市妙義町 妙義 6 地図リンク              妙義神社ホームページlink

 

←伊勢山妙見宮 群馬県下仁田町                新田触不動 西慶寺 群馬県太田市→

 

伊勢山妙見宮 群馬県下仁田町

妙見菩薩を調べる過程で、今から17年前頃にお参りに来ました。

 

 

以前と異なるのが、奉納旗が多く立てられていることです。

 

 

扁額の文字は、前に行った黒瀧山不動寺住職の筆でした。

不動寺の札も祀られています。

 

 

伊勢山妙見宮甘楽郡 群馬県甘楽郡下仁田町下仁田 地図リンク

 

←黒瀧山不動寺 群馬県南牧村               妙義神社 群馬県富岡市→

 

黄檗宗 黒瀧山不動寺 群馬県南牧村

最初は山中にある不動寺ですから、てっきり密教系修験寺院と思っていました。

千年の歴史があり、中興開山潮音禅師の時、延宝3年(1675)に将軍綱吉が帰依し黄檗宗となりました。

かなり山中に入ります。大きな岩場が迫っています。

 

 

受付を通り、大きな杉の間を抜けて山門に至ります。

 

 

山丸三の紋がありますので、おそらく御嶽山の普寛行者だと思います。

江戸時代より、ここにも御嶽信仰があったのだと思います。

 

 

 

不動堂です。不動明王を祀ります。

 

 

こちらが御本堂になります。

 

 

御本堂の右脇は滝があり、不動明王が祀られていました。

 

 

ここの門を抜けると開山堂に至ります。

 

 

灯籠を四人の鬼が支えていました。

 

 

順が逆になりますが、鐘楼堂脇の釈迦如来を中心に、四方を守る四天王が祀られています。

四天王とは東方の持国天、南方の増長天、西方の広目天、北方の多聞天です。

 

 

黒瀧山不動寺ホームページlink

 

黒瀧山不動寺  群馬県甘楽郡南牧村大字大塩沢1267−1 地図リンク

 

←十二社神社 南牧村               伊勢山妙見宮 群馬県下仁田町→

 

十二社神社 群馬県南牧村

十二社神社の御本体は、この大きな岩だと思います。南牧村には、アチコチに大岩があります。

元々は岩を神として信仰していたのではないでしょうか。

十二社神社とは、延喜式に書かれている上野国十二社を祀っているからかもしれません。
上野国の式内社ウィキペディアlink

 

 

階段の両脇には、色々な石仏が祀られています。

 

 

御本社脇の石祠です。

 

 

聖徳太子が祀られていました。

 

 

古い狛犬は右下に移されていました。

 

 

 

道路反対側の岩には石仏、石祠、灯籠がありました。

むかって右の石仏は弁財天です。

 

 

この神社に関する詳細は分かりません。

 

十二社神社  群馬県甘楽郡南牧村大塩沢 甲415−2 地図リンク

 

←熊野神社 南牧村          黄檗宗 黒瀧山不動寺 南牧村→

 

熊野神社 群馬県南牧村

黒瀧山不動寺に向かう途中に石仏が見えました。

熊野神社です。

 

 

良い彫りの二十三夜塔です。勢至菩薩の御尊像と思います。

 

 

寛政元年(1790)9月の建立です。

 

 

他にも石祠などがありました。

 

良く掃き清められた気持ちの良い神社でした。

 

熊野神社 群馬県甘楽郡南牧村小沢1080 地図リンク

 

←長寿寺 埼玉県日高市          十二社神社 南牧村→

 

長寿寺 埼玉県日高市

彼岸花で知られる巾着田のすぐ近くにあります。聖天院の兼務寺院です。

御本尊として釈迦如来像をお祀りしています。

 

 

御本堂前の入口に向かい合わせで、地蔵菩薩が祀られています。

六地蔵六面石幢

 

こちらの地蔵菩薩のお姿には、つい見とれてしまいます。素晴らしい石仏です。

 

 

二基の宝鏡院塔の内、向かって左側は、かなり立派な姿をしていました。

 

柿の木の下には墓石と小さな板碑がありました。

 

長寿寺 埼玉県日高市高麗本郷247  地図リンク

 

←真福寺 埼玉県日高市               熊野神社 群馬県南牧村→

 

真福寺 埼玉県日高市

真福寺は女影時計台のある十字路を北に向かいます。

少し過ぎてから左手の方向に折れると御堂があります。

 

瑠璃光山安養院真福密寺とありました。

無住のお寺ですが、真言宗智山派の寺院名鑑にはありませんでした。

新編武蔵野風土記に「瑠璃光と號す、真義真言宗、入間群上野村醫王寺末、本尊薬師を安ず、」とありました。

越生町の医王寺の末寺のようです。 医王寺 ブログlink

あるいは地域持ちの寺となっている可能性もあります。

 

 

安養院とありますので、安養浄土から採られているならば、阿弥陀如来も祀られているかも知れません。

 

石橋供養塔と阿弥陀三尊板碑がありました。

 

 

薬師霊園となっていました。真言宗だけでなく、他宗旨の塔婆もあったような気がします。共同墓地のようになっているのかも知れません。

墓地には地蔵菩薩が祀られています。

 

 

真福寺  埼玉県日高市女影113 地図リンク

 

 

←ペット供養塔へのお参り          長寿寺 埼玉県日高市→

 

今日はペット供養塔へのお参りが多く来られました。

今日は日曜日。かなりの人数がペット供養塔に来られていました。

永代供養塔も大勢います。

 

 

円泉寺の新聞に猫大師を紹介致しましたので、いままでは手を合わさなかった方が多かったのですが、ペット供養塔に参拝した人は、ほとんど手を合わせているようです。

 

 

 

水仙の花が咲き出しました。

 

 

ペット供養塔 link

 

←潮音寺 正直観音 埼玉県川島町               真福寺 埼玉県日高市→

 

ページ上部へ