2020年12月18日

宮子神社と摩利支天石仏 群馬県伊勢崎市

宮子神社の祭神は大己貴命(大国主命)で、万寿3年(1025)の創建です。

たまたまですが、先ほど行った大国神社も祭神は大国主命(大黒天)でした。

 

 

素晴らしい龍の彫り物があります。

 

廃仏毀釈以前は別当として月読山福昌寺が勤めていました。

お社の右脇、林の中には歴代住職の墓石も並んでいます。

 

 

これだけ石仏などが並んで知るところは少ないと思います。

 

 

他にも沢山の石仏・石祠などが祀られています。

 

本日の目当ては、摩利支天石仏です。前に狛犬が守っていました。

 

 

猪に乗った精悍な摩利支天です。

 

 

少し前に参拝した白龍神社は、女神の摩利支天でした。白龍神社ブログlink

 

宮子神社 群馬県伊勢崎市宮子町1710 地図リンク

 

←大国神社 群馬県伊勢崎市               庚申神社 埼玉県入間市→

 

大国神社 群馬県伊勢崎市

大國(おおくに)神社は垂仁天皇の9年に大国主命を祀りました。

延喜式に書かれている上毛の五之宮で、第五姫宮・五護之宮とも言われているようです。

神護景雲元年(767)に社殿が造営されました。

 

 

祭礼の折には伊勢崎市指定無形民俗文化財に指定されている獅子舞が行われます。

 

 

八坂神社前に石幢がありました。

 

 

昔、近くの御手洗池畦で発掘されたと伝えられています。

 

 

境内には多くの石祠が祀られていました。

各神社の名前が示されているのは、ありがたいです。

 

 

摩利支天宮

 

 

大國主命

 

 

大国神社  群馬県伊勢崎市境下渕名2827  地図リンク

 

←長安寺 群馬県伊勢崎市               宮子神社 群馬県伊勢崎市→

 

天台宗 長安寺 群馬県伊勢崎市

長安寺は境内がよく整備された寺院です。御本尊は釈迦牟尼如来です。

文応元年(1260)に開山されました。

 

 

威音王堂は北関東三十六不動尊霊場第七番札所になっています。

時折護摩の修法が行われています。

 

 

全国善光寺会員にもなっていました。

善光寺とはどのような関連があるのでしょう。

 

威音王堂の脇には、みかえり不動尊が祀られていました。

 

 

御本堂裏には羅漢さんが祀られています。

 

 

長安寺 群馬県伊勢崎市西小保方町304−1 地図リンク              長安寺ホームページlink

 

←白龍神社 群馬県伊勢崎市               大国神社 群馬県伊勢崎市→

 

御嶽山白龍神社 群馬県伊勢崎市

そこそこの広さの池に赤で統一された鳥居・欄干・お社など、主立った場所が鉄骨で出来ています。

 

 

池には足こぎのボートがありました。

 

 

鳥居を潜り、駐車場より欄干を通って、お社に向かいました。

 

 

昭和50年に出来た新しい神社でした。

御嶽山系の行者さんが開かれた神社のようです。

 

 

御滝三神の内、摩利支天が池の東北側に祀られていました。

 

 

各地で見る猪に乗った摩利支天ではなく、女神の像でした。

 

白龍神社 群馬県伊勢崎市東小保方町2944 地図リンク

 

←小泉稲荷神社 群馬県伊勢崎市              長安寺 群馬県伊勢崎市→

 

小泉稲荷神社 群馬県伊勢崎市

以前ここを通った時に、大きな鳥居があると思っただけで通り過ぎました。

小泉稲荷神社に参拝することにして、ここだったのかと思い出しました。群馬県で一番大きな鳥居です。

 

 

お社の前には、大小200ほどの鳥居があるそうです。

 

 

先ずはここの鳥居を潜り、たくさんの鳥居から参拝致しました。

 

 

崇神天皇の時代に、毛の国開拓の祖神とされる豊城入彦命が、東夷征討の折に山城国伏見稲荷の分霊を祀って創建したものと伝えられているそうです。

平安時代には耶無陀羅寺という阿弥陀寺の境内にありました。

現在は地元の方々が管理しており、広く信仰を集めています。

宮司さんは祭礼などを除きほとんど不在で、御朱印は自分で押すようになっているようです。

 

 

お参りを済ませると、二匹の狛狐が気になりました。

親子連れの狛犬は何度か見ていますが、狛狐では初めてです。

 

 

小泉稲荷神社 群馬県伊勢崎市小泉町231 地図リンク

 

←香林火雷神社 群馬県伊勢崎市                白龍神社 群馬県伊勢崎市→

 

香林火雷神社 群馬県伊勢崎市

室町時代より「境野家」の氏神として「太郎宮」が建立されていました。

群馬県は雷が多く、明治12年に火雷(からい)神社と改称されています。

 

 

鳥居の額には「泰?宮」とあります。室町時代より「太郎宮」と言われていたそうですが、異なるようです。

二文字目が分かりません。「菎」とも異なるようです。

 

 

境内には「摩利支天尊」が祀られています。

各地の摩利支天尊は、勝負の神として知られているところが多くあります。

 

 

中には各地の摩利支天尊と同じく、木刀が納められていました。

剣道だけで無く、柔道・受験・選挙などの勝負事?に買った祝いに、木刀を納めているところが多くあります。

 

火雷神社  群馬県伊勢崎市香林町2丁目甲789  地図リンク

 

←岩宿遺跡 群馬県みどり市               小泉稲荷神社 群馬県伊勢崎市→

 

岩宿遺跡 群馬県みどり市

昭和21年に相沢忠洋氏が、関東ローム層の下から1万5000年前以上前の石器を発見する前は、日本に旧石器時代は無かったと思われていました。

昭和24年夏には、黒曜石で出来た石槍を発見しています。

相沢忠洋氏の銅像の前を通り、岩宿観察ドームに入りました。

 

 

相沢忠洋氏の発掘写真です。実物の関東ローム層が年代順に重なっているのが分かります。
明治大学との発掘調査でも大きな発見が続きました。

その後各地で旧石器時代の遺跡が発見されています。

 

当時の生活がよみがえります。

 

 

盛んに赤城山が噴火していた時代でした。苦しい生活だったと思います。

 

次に岩宿博物館は現代的な建物です。ドームの近くにあります。

 

 

中には発見された石器などが展示されています。ナウマンゾウなどの化石も展示されていました。

 

 

旧石器時代の生活が、ドームや博物館見学でわかりやすく説明されています。
日本が大陸と繋がっていた時代の貴重な遺跡です。動物を追いながら人々も入ってきていました。おそらく私たちの先祖にも繋がっていると思います。

黒曜石は地元では手に入らない石です。交易があったことは間違いありません。文化も交流したのでしょう。

意思を示すための共通する言葉が、あったのではと思います。

 

岩宿遺跡 群馬県みどり市笠懸町阿左美1790番地1 地図                岩宿博物館ホームページlink

 

←三日月村 群馬県太田市              香林火雷神社 群馬県伊勢崎市→

 

東武桐生線 特急

東武桐生線の藪塚駅近くで信号待ちをしていると、特急がやってきました。

急いで車の中から撮影です。

 

 

後ろには車が来てましたので、出て撮影するわけにはいきません。

 

 

どうにか三枚だけ撮影できました。

撮り鉄のようには撮影できません。

 

かかし 太田市台地区

木枯らし紋次郎の三日月村を後にして、岩宿遺跡に向かう途中に現代的な案山子に会いました。

全員がマスクをしています。

 

 

コロナに負けませんように !

あれ、肝心なお医者さん案山子がマスクをしていません。

落としてしまったようです。看護師さん拾ってあげてください。

 

 

阿部さんと菅さんと大坂なおみさんが並んでいます。

阿部さん、お疲れ様でした。

菅さん、頑張ってください。あれ、マスクがありません。

 

 

なおみさん、ご活躍をお祈り申し上げます。

でも同姓同名のオバさんかも知れません。

 

木枯らし紋次郎 三日月村 群馬県太田市

木枯らし紋次郎といっても、若い方は知らない人が多いと思います。笹沢佐保原作で、中村敦夫が主演しました。昭和47年(1972)のテレビで放映です。

股旅姿で長い楊枝を加え、「あっしには関わりのないことでござんす」の台詞、上條恒彦が歌った主題歌「だれかが風の中で」も思い出されます。

木枯らし紋次郎ウィキペディアlink                       だれかが風の中でYouTuber

 

表関所で入場料を払い、中で使用する20文を2000円で両替しました。

 

 

まずは資料館に入りました。

 

 

笹沢佐保氏・紋次郎などの映像が流れます。

 

 

雑貨屋が二件ありました。

 

 

 

先ずは受付で入場券に判を押していただき、怪異洞探検です。

絡繰屋敷は休止中でした。

 

 

 

足の跡に足を揃えると扉が開きます。

 

 

宝くじが当たりますようにと、1文を賽銭箱に入れました。

また外れますね。

 

 

 

不思議土蔵は20度の傾斜で作られています。

なんてこと無いと気軽に考えていましたが、まっすぐに歩けません。

廻りが囲まれていなければ、タダノ傾斜です。

 

 

 

私の感覚では、このように見えるのですが、実際は女性が垂直に立っているのです。

私の体は20度以上斜めになっている感覚でした。やっとのこと立っていました。

 

ボールが上に登っていきます。

 

 

紋次郎の生家です。

酷いあばら屋でした。赤城おろしで寒い思いをしたでしょう。

 

 

旅籠の中です。二階にもきれいなお姉さん(マネキン)が待っています。

 

 

ここではおでんを食べました。5文です。

 

 

双体道祖神の石仏などが祀られています。

 

 

 

白馬堂では本物の賽銭を入れます。

 

 

帰りには表関所で、使用しなかった銭を両替しました。おでん以外は、ほとんど使用しませんでした。

意外と楽しめる場所でした。

斜面の場所もありますすから、足腰に自信の無い方は、一人では来ない方が良いでしょう。

 

この後にすぐ近くのスネークセンター見学も予定していたのですが、他の場所へも行くつもりでしたので断念しました。

蛇が苦手なだけですが。          スネークセンター ホームページlink

 

※北関東自動車道に太田強戸スマートインターチェンジが出来て、便利になっています。

 

三日月村  群馬県太田市藪塚町3320 地図リンク             三日月村ホームページlink

 

←新田触不動尊 西慶寺 群馬県太田市          岩宿遺跡 群馬県みどり市→

 

ページ上部へ