色々な大黒天さま

当寺は武蔵野七福神の札所です。

色々な七福神様を集めてみようと思いました。その内の大黒天様です。

 

現在、よく知られているお姿の大黒様。

 

小さな大黒天

おそらく明治時代の大黒天

大黒天は、インドのヒィンドゥーの神様でマハーカーラとして、今でも信仰されています。マカカーラともよびまする

マハーは大、カーラは時で死も意味するのだそうです。カーラは暗黒と訳され、大黒天となりました。

本来は、恐ろしい神なのですが、その神を祀ることにより、災いを避けようとする考えがあったようです。

 

下の図は胎蔵界曼荼羅にある大黒天(摩訶迦羅天 マカカーラ)と同じです。摩多利神としても信仰されていました。ブログlink

三面の図ですが、後世には大黒天、毘沙門天、弁財天が三体合体されている御尊像が知られています。

 

三面大黒天(摩訶迦羅天)

 

大黒天が大国主命と一体になり、日本的服装になったのは、平安中期頃のようです。次第に福神としての信仰に移行していったようです。

戦国時代、大黒天(摩訶迦羅)は戦闘神として武将の信仰がありました。そのころ民間では大黒天を、福神として信仰しており、異なる立場での信仰が残されていたそうです。

 下の大黒天は、江戸初期の像ですが、私たちが知っている福神らしい姿に移行する過程のようです。まだ頭巾は大きくなく、手は拳印です。

印は槌握りとも言われ、これが大槌に変わったと聞いています。女握りとも言われます。

 

 

正面が大黒天、右が弁財天、左に毘沙門天の三像が一体となった御尊像です。今は手元にありません。

素焼きで、明治時代に量産されたものです。

明治時代になると、豊臣秀吉が信仰していた三面大黒天に因み、 三面大黒天信仰が大流行したそうです。よく知られているのが、京都・高台寺塔頭の圓徳院でしょう。

 

 

大黒天は、恵比須大黒の対で祀られている事が多いですね。

 

山形県にある岩根沢三山神社の大きな恵比須大黒像です。ブログ

 

ユーチューブ                  

ページ上部へ