円泉寺便り

鶏足寺 栃木県足利市

大変由緒のある寺院で、東大寺の僧・定恵が大同4年に創建したと伝えられています。

大きな有力寺院を末寺にしていました。

本県では吉見町の息障院、金剛院などが末寺でした。

 

真言宗豊山派に属していましたが、現在は単立の寺院となっています

 

正面から長い参道があります。

 

勅使門を入ると御本堂になります。

今回は看板にあるように、反平将門公寺院としての参拝です。

当時の由緒ある社寺は、必ず将門公折伏の祈願を命じられていますので、あまり目くじらを立てる訳にはいきません。

 

御本堂の正面からの写真撮影は、大きすぎて入りません。横から撮影致しました。

 

百日紅が咲くと、見事でしょう。

 

護摩堂(五大堂)です。

 

護摩堂の彫刻が豪華でした。

 

鶏足寺  栃木県足利市小俣町2748 地図              ウィキペディアlink

 

追記  ある豊山派住職に聞くと、豊山派に戻ることを条件に、鶏足寺子弟の長谷寺などでの修行を許可していると話していました。

 

追記20200210

調べ直すと、真言宗豊山派に復帰していました。

臨済宗 行道山浄因寺 栃木県足利市

鑁阿寺を参拝した後に昼食をと、ガイドブックに掲載されていた店に向かいました。

途中、足利市の浄因寺案内掲示板がありましたので、食事後に参拝することに致しました。

 

岩肌には石仏が祀られていました。腕の良い職人が彫ったのでしょう。

より望遠の使用できるカメラを持参すれば良かったと思いました。

山門を入り、しばらく行くと御本堂に着きます。

 

足利市の山中にあり、昭和50年栃木県の名勝第1号です。

葛飾北斎が描いた「行道山浄因寺」の浮世絵が看板に描かれています。

もう一台のカメラで撮影したのですが、故障したようで写っていませんでした。他も全滅です。

 

関東の高野山と言われ、焼ける前は、かなり立派な寺だったようです。

 

岩と岩との間に橋が架けられています。

私が行ったときは、通行禁止になっていました。

岩の上に建てられた清心亭です。

 

 

浄因寺    地図            あだち版画 link

 

追記 2020/02/10

調べると、清心亭は土日祝日に公開されているようです。

 

日向薬師 神奈川県伊勢原市

奈良時代に行基菩薩によって開山されたお寺です。

門前の駐車場に駐め、500メートルほど歩くことになります。

山門の仁王様が迎えてくれました。

 

雨の時が心配になります。

 

程なく、お薬師さまを祀るご本堂に着きました。

 

かなり大きな御本堂です。

般若心経と御真言などを唱えさせていただきました

 

ここが開山された時代は、国分寺などの御本尊を薬師如来とする寺院が、各地に造られています。

 

境内に虚空蔵菩薩が祀られていました。木の洞に収まっています。

各地に、このような方法で祀られている石仏などを見かけます。

 

御本堂も茅葺きですが、鐘楼堂も同じです。

 

関東ふれあいの道になっています。昔は尾根道が重要な道路でした。さらに修験の修行の場であったのでしょう。

 

日向薬師  神奈川県伊勢原市日向1644 地図               ホームページlink

大山寺 神奈川県伊勢原市

阿夫利神社の後で、大山寺に詣でました。

お山の中腹にあり、ケーブルで戻ります。

 

大山全体が暴徒による廃仏毀釈により、伽藍や仏像などの貴重な文物が、破却されました。

その中心となった人物が、某町の名誉町民となっています。

 

その後、現在の場所に仮小屋を造り、明治18年に御本堂などが竣工されています。

 

私がお参りしたときも、伽藍整備に浄財を募集していました。

少額ではありましたが、寄進させていただきました。

 

雨降山 大山寺  神奈川県伊勢原市大山724 地図                ホームページlink

大山阿夫利神社 神奈川県伊勢原市

平日でしたので、参拝者の数もわずかでした。お正月には大勢参拝してたのでしょう。

ケーブルカーを見ると、八王子の高尾山を思い出します。

 

長い階段が続きます。

 

廃仏毀釈前は石尊大権現が祀られていました。各地に石尊大権現の石碑や常夜灯を見かけます。

当寺(円泉寺)にも道路の拡張で、行き場がなくなった常夜灯が参道にあります。

 

現在の祭神は大山祇大神です。

 

かなりの高さですね。

 

大山阿夫利神社 

妙見大菩薩(神社) 千葉市

地図に妙見大菩薩とありました。

行ってみると神社の構えをしています。

 

間違いなく妙見大菩薩と額にあり、御堂であり神社でもあるような所でした。

しかし、詳細が分かりません。

 

妙見大菩薩  千葉市中央区院内1丁目1−8 地図

千葉神社参拝

妙見菩薩を調べている私にとって、ここは絶対外せない所です。妙見菩薩資料集link

廃仏毀釈以前は妙見菩薩を御本尊とする真言宗北斗山金剛授寺でした。

千葉氏3代・平忠常により現在地に祀られ、妙見信仰の中心地となりました。

 

かなり変わった神社であることは知っていましたが、二階建ての珍しい建物です。

また八方除けなど、他の神社ではあまり目にしたことのない御祈願が行われています。

 

社紋も千葉氏の代表的な月星と九曜です。

 

一見、平等院鳳凰堂のような構えをしています。

 

西脇の池の先には、末社が祀られていました。

 

更に西側に向かうと池があり、弁財天が祀られていました。

 

千葉城跡の千葉郷土博物館にある、千葉常胤像と同じ形の像がありました。

なにもこんな所にと思う場所です。

西脇南は公園となっており、面白いモニュメントがあります。

 

次に妙見菩薩(神社)に向かいました。

妙見神社の裏側です。

おもてからでは分かりませんでしたが、かなり高低差があります。

 

千葉神社    地図          千葉神社ホームページlink             千葉神社ウィキペディア

 

明神社 埼玉県さいたま市緑区

平将門公が祭神です。

何時の時代か分かりませんが、平将門公をお祀りしている相馬小高神社から、分霊を祀ったのだそうです。

 

参道入口は狭かったのですが、奥は広い敷地でした。

 

明神社 埼玉県さいたま市緑区井沼方390 地図

追記 2020/01/25  住所がとなっていました。

密蔵院 埼玉県川口市

密造院は当寺と同じ真言宗智山派に属しています。

先ほど書きました九重神社を包み込むような境内となっています。思った以上に広い境内でした。

 

右側が接待の場となっているようです。車椅子も用意してあり、お参りしやすい寺となっていました。

先ほどの九重神社と同じく、この地は平将門公城跡と伝えられています。

九曜紋が将門公関子孫や社寺に多く見られます。

将門公の開基と伝えられ、守り本尊であった地蔵菩薩が祀られています。

 

平将門供養塚が本堂裏手にあったのですが、気がつかずに帰ってしまいました。

 

密蔵院 埼玉県川口市安行原2008  地図             ホームページlink

 

近衛神社 埼玉県川口市

隣の密蔵院と比べると、かなりの規模の違いがあります。密蔵院と九重神社の地は、平将門公の城跡と伝えられています。

元々は氷川神社でしたが、明治以降に安行の九社の神社を合祀して九重神社としたそうですが、どこにもありそうな神社です。

しかし、密蔵院の紋章は九曜星です。平将門公の信仰した妙見菩薩に因んでいます。

ここの紋も九曜星ですので、紋に関連して付けられたのかもしれません。明治以降、平将門公への多くの神社の対応が、関連しているようにも思います。

となりの密蔵院では、ハッキリ平将門公の関連を伝えています。

 

丁度、車のご祈祷が終わったばかりでした。

二人の神職の方がいましたので、少し話しを致しましたが、とても気持ちの良い方でした。

社殿の西側には、大きなスダジイの木があります。

 

追記  2020/01/24

近年は御朱印ブームですが、当寺に来られる方の御朱印帳を見ると、九重神社の御朱印が数多く見られます。

宮司の人柄とアイデアの勝利なのでしょう。

 

              ホームページlink

 

ページ上部へ