2014年09月

童子形の妙見菩薩

私は妙見菩薩関連のことを調べていた頃があります。
 
201491914551.jpg童子形  妙見菩薩
 
 
先日、「妙見菩薩」のテーマで、卒論を書く大学生が訪ねてこられました。
有名な妙見様関連神社のお膝元に住み、従兄弟もその神社に奉職しているそうです。
 
ご一緒に、妙見様に詳しい権禰宜さんも来られ、本などの資料を用意して、説明させていただきました。
私よりはるかに妙見様のことを知っている方なので、弱ったと思いましたが、たてていただいて助かりました。
私の資料集には、この時知ったのですが、その方の書かかれた社報から抜き出した文章もあったことでした。
 
学生さんは、担当教授の指導で、方向性を以て勉強していたようでした。
以前卒論のことで電話のあった方は、電話のみでした。
 
今回、特にお話ししたのが、「童子形妙見菩薩像」です。
 
学生さんですから、資料となる本などは図書館、古本屋さん、ネットなどで探したようですが、不十分だったようで、数冊お貸ししました。
古本など、約1.500円だった本が、今では30.000円にもなっているのもあるようです。それでは無理ですよね。
 
誰でもお貸しするわけでなく、今回はよく知っている妙見様関連のお寺さんの紹介だったことと、一緒に来られた方が、天神社宮司・西澤師の知り合いだったからです。
 
自分の住む地区の妙見様に対する、熱い思いを感じました。良い卒論になるでしょう。
 

童子形

10年前は、童子形の言葉も知りませんでした。
東京文化財研究所でのセミナーで津田徹英先生の「中世における中国道教神の受容をめぐって」をお話を聞き始めて知ったわけです。
私もここでのレクチャーで、文章や信仰だけで調べるのでなく、現実にある物から、何か見える物があることを知りました。
 
私が日本中の妙見菩薩を祀る寺社、山名、地名、川などを本、電子地図、ネット、直接見聞きしたことなどを参考にを集めたのは、平面から見える物もあるのではと思ったからでした。
 
中国において、11世紀頃から道教神である玄武の亀と蛇が絡み合った姿が、徐々に擬人化して玄武神(真武)となりました。
 
中世に千葉氏など有力氏族や寺院などが直接中国と交易をし、文物が直に日本に伝わって来るなかで、妙見菩薩として信仰され、日本的な変容があったと説明がありました。日本においては中国と異なり童子の姿での像容であることが大きく異なるとのことでした。
 
先生によっては、直接密教系の妙見菩薩が、童子形になったと思っている方もいます。それではなぜ亀に乗っているのか、蛇が絡まっている像があるのか理解できません。
 
201491915427.jpg
      玄武  →  擬人化(玄武神・真武神)  →  童子形妙見菩薩(日本)
 
 
日本における古い童子形の妙見菩薩像
    ※日本の美術  「中世の童子形」より
  •    「正安元年(1299)七月/藤原末友」との陰刻銘。紀年在銘妙見彫像の中でも現存最古に当たる。
  個人像・千葉県山武市成東
 
堀内神社   千葉県銚子市   千葉氏系・海上氏関連らしい。
 
  • 聖徳太子や妙見菩薩の童子形については、
 
                 日本の美術442 中世の童子形  著者:津田徹英  出版: 至文堂 が詳しいです。絶版
 
                 古本が、Amazon、スーパー源氏、日本の古本屋などで、手に入ると思います。
 
 
    オープンレクチャー  「中世における中国道教神の受容をめぐって」  リンク
 
 
私は古文書が読めませんので、日本各地にどのくらい妙見様が祀られているかに絞りつつ、あちこちに写真撮りと美味しものを食べるのを目的として出かけました。
 
調べ物の内容は豊かになりませんでしたが、私の体型だけは豊になりました。脱線。
 

今年のオープレクチャー

今回も津田先生のレクチャーがあります。
 
 
 
 
 
第48回オープンレクチャー モノ/イメージとの対話 のお知らせ
 
日時:10月31日(金)・ 11月1日(土)14:00~16:30 (午後1時30分~午後4時30分)
場所:東京文化財研究所・地下セミナー室
申し込み等、詳細はこちらをご参照ください。 
 
東京文化財研究所
〒110-8713 東京都台東区上野公園13-43
 
   詳細は東文研のホームページをご覧下さい。
   一流の講師のお話が聞けます。アマチュアにも分かりやすくお話ししていただけます。
 
 
〒357-0014   埼玉県 飯能市平松376番地   円泉寺   電話042-973-5716  
 
 

東京・檜原村で滝行取材に協力-女性セブン掲載体験漫画

都下・九頭龍の滝で滝行修行取材協力

少女漫画家・高坂ゆう香さんが描く、流行スポット、注目スポットを巡る新連載体験漫画の初回に掲載されます。
女性セブン掲載号発売は10月9日となります。
 
201410171048.jpg
          ※九頭龍の滝・当日の写真ではありません。
 
作中では、今回の滝行の紹介を中心に、滝行が現在、どれくらいの人が行っているか、注意点や効果など、
幅広く紹介するそうです。
 
滝行もそろそろ厳しい季節になります。
都下檜原村の九頭龍の滝は、初心者でも経験できますが、他の滝以上に水量も多く、経験の豊富な指導者が必要です。
 
西澤宮司  滝行  リンク                                                                                                      
 
高坂ゆう香先生、記者さん共に、真摯に滝修行をされたようです。
詳細は、女性セブンをお読みください。
 
坂ゆう香先生  ブログ                                                                                                    

 

鬼子母神(訶梨帝母)kishimojin

鬼子母神像

本日、東松山市の仏像修復師さんから、鬼子母神(きしもじん)さんが、きれいになって届けられました。
見違えるほどですが、ちょっと派手々かなと感じます。何年かすると落ち着いてくるでしょう。
慈愛に満ちたお顔です。
 
 
決して悪くはなかったのですが、お顔がススでかなり黒ずんで墨を塗ったようでした。また、首飾りが、赤ちゃんの顔に当たっているのも気になることでした。
手をずっと合わせていたい気になれませんでした。
 
下地を取り、無くなったザクロ・飾りと彩色をしていただきました。
元の御尊像は、かなり厚く塗っていたようです。
下地を取っただけの方が、なにげに良さそうな感じでしたね。
 
20141017334.jpg
 
お厨子は前のままです。
戻ってくると、かなり細かく彫刻してあるのが、分かりました。
鬼子母神様の口の中まで彫ってあり、手のひらと思われた赤子の手が、人差し指でした。
この子は、ひょっとすると吉祥天かもしれません。
 
 
20141017412.jpg
都内のある真言宗のお寺さんで、信者さんに鬼子母神さんのことを聞かれた御住職が答えられなかったことがありました。私が答えて喜ばれたことを思い出します。
 
都内には鬼子母神信仰の日蓮宗寺院が多く、子授け、安産、子どもの守り神として、信仰されています。信者さんもお子様のことで気になることがあったようです。
 
しかし、日蓮宗では、この御尊像のような穏やかなお顔でなく、祈祷の本尊として、鬼形の像が多いようです。
 
20141017637.jpg
鬼形  鬼子母神

 

子供の頃読んだ漫画の本の記憶が、少しだけ残っていましたが、あらためて注文しました。

ずいぶんと忘れていました。
 
 
20141017713.jpg
 
 
真言宗では珍しいと思います。この御尊像も、元々は日蓮宗系のお寺か、信者さんがお祀りしていたのかもしれません。
 
円泉寺と同じ地元・埼玉県飯能市の同宗派・真言宗智山派「観音寺」さんにも祀られています。
観音寺 リンク
 

鬼子母神仏画1

追記 2015/04/25
最近求めた三井曼荼羅図に訶梨帝母の図がありました。
 
201542565633.jpg
時代は江戸後期だと思います。
 
 
追記

鬼子母神仏画2

印刷された鬼子母神画像です。大元がどこの御尊像か分かりません。
 
 
 
 
 
〒357-0014   埼玉県 飯能市平松376番地   円泉寺   電話042-973-5716  
 

西澤笛畝・仙湖の愛した人形達-さいたま市大宮盆栽博物館

笛畝(1889~1965)・仙湖の収集した、江戸時代から昭和前期までの貴重な人形やタイの張子玩具などが展示されています。

笛畝は官展画家として、画壇に地位を築きました。人形収集家・研究者として、義父・西澤仙湖を抜きにして、語ることは出来ません。

平成26年9月12日~10月19日(日) 木曜日休館

20141016547.jpgさいたま市 大宮盆栽美術館 企画展 リンク                            
 
 
西澤笛畝・仙湖をご存じない方が、ほとんどではないでしょうか。
笛畝が愛した、たくさんの人形の一部が、展示されています。
西澤笛畝  Wikipediaリンク                               
 
今「(仮称)岩槻人形会館」のプレ事業として開催されています。
 
201410165523.jpg
矢の根
 
かつて埼玉県入間郡越生町にあった『笛畝人形記念美術館』にあった作品が、平成18年にさいたま市に寄贈されました。
 
何度か越生には出向き、素晴らしい人形に接することが出来たのですが、今まで見学できるところがありませんでした。
 
また、親交のあった人形作家・久保佐四郎の作品も、貴重な人形と共に展示されています。
 
たくさんの盆栽も、目を楽しませてくれるでしょう。
201410165741.jpg
201410165719.jpg
201410165756.jpg
 盆栽を販売するコーナーも、駐車場の一角にあります。
 
大宮盆栽美術館  駐車場有り   リンク
   さいたま市北区土呂町2-24-3
 
      JR宇都宮線土呂駅徒歩5分
      東武野田線大宮公園駅徒歩10分

 

平将門

201491217569.jpg

妙見堂

 
円泉寺の妙見堂は、平将門の配下の武将が祀ったと言われる妙見菩薩を祀っていました。現在は二代目です。
脇侍として、秋葉大権現・金毘羅大権現もどのように祀られていたか分かりませんが、併せて祀られていたようです。
 
資料集 リンク
  

平将門

下総北部を地盤としていた平将門(まさかど)は常陸(ひたち)西部に館をもつ伯父の平国香(たいらのくにか)、良兼、良正らと合戦を繰り返しました。

   承平五年(九三五)常陸(ひたち)(茨城県)の国蚕飼川(小貝川)に戦ったおり妙見菩薩が将門と平良文の危機を救い、

   「自は上野の国、花園と云う寺に在り、汝(なんじ)若(も)し志あらば速やかに我を迎え取るべし。」と述べたと記されています。現在の群馬町妙見寺のことです。
 
イメージ 20

 「将門記(しょうもんき)」によると、将門は天慶(てんきょう)二年(九三九)平貞盛(さだもり)(清盛、織田信長の先祖)に挑発され、常陸国衙を焼き払い、国家に対する反乱の第一歩となりました。
 
    こののち下野(しもつけ)、上野(こうずけ)、相模(さがみ)など諸国の国衙をも制圧して、弟やおもだった従者を関東諸国の国守に任じ、みずから〈新皇(しんのう)〉と称しました。

   当時の朝廷は、藤原氏が政権を独占し、群盗がはびこる荒れた時代でした。この反乱は、律令体制からの関東の自立をはかったといわれ、武力による独立国家を主張したとも伝えられています。
 
   しかし天慶三年二月十四日、平貞盛、藤原秀郷(西行、奥州藤原氏の先祖)らの軍勢により、現在の茨城県坂東市(元岩井市) で、39歳(諸説在り)にて亡くなりました。

 戦いに敗れた将門の一族残党は各地に隠れ住むようになり、たくさんの伝説は、飯能市近在では秩父、青梅市・奥多摩町・八王子市から山梨の大月市に至っています。
 
   中央の歴史では、将門公は大悪人とされていましたが、当時の関東の民衆は、拍手喝采だったのでしょう。後々関東以北に将門公を悼(いた)み多くの神社などが建てられました。

 この流れが、鎌倉幕府の成立につながっていきます。幕府設立に尽力した坂東の勢力は、かつて将門に敵対した勢力も多いのですが、源頼朝をはじめ、将門反乱時に活躍した人々の子孫が数多くいます。

 鎌倉幕府設立は将門の意志を受け継ぐ敵討ちだったという人もいます。それは源氏対平家の戦いではなく、実際は平家(平将門勢)対平家(平貞盛、藤原秀郷勢)の戦いだというのです。頼朝配下に入った実力者の名前を見ればそのように思えます。

  源義経は、このことも理解していなかったための悲劇だったということでしょう。

 将門公を支援した勢力に筑波山の修験がいたという説があります。一族と共に逃れ住み、後世に山伏が多くの伝説を伝えたのだそうです。
 
   また、将門伝説(村上春樹著)によると、江戸時代の将門公に関連する演劇も伝説に大きな影響を与えているようです。

 江戸時代には将門を祀る「神田明神(神田神社)」は武州の総社、江戸の総鎮守となりました。神田祭は京の祇園祭、大阪の天神祭とともに日本三大祭とされています。
 
20149121816.jpg
神田明神

 

平将門の関連する地区は、成田山にお参りに行かないのが常識ですが、円泉寺が属する真言宗智山派は、三大本山の内の一山が成田山新勝寺です。私は遠慮しながら行っています。成田山では、将門さんを供養しているようです。

私は平将門怨霊説を信じていません。今でも続いているなどと思うのは、この世に、あるいは何かに不満を持つ一部の人だけではないでしょうか。

各地の将門公を祀る寺社で、真摯に手を合わせれば、気持ちよく応じていただけます。いつもそのように感じています。

円泉寺では、妙見菩薩・平将門の資料集をホームページに掲載しております。興味のある方は、クリックしてください。

資料集          リンク  

国王神社 茨城県坂東市             

埼玉県飯能市の平将門伝説 ブログ  

 

 

吾野宿歴史散歩の紹介-埼玉県飯能市/景観/散策/特産品

吾野宿歴史散歩

   埼玉県飯能市北部にある吾野宿(飯能市坂石町分)の歴史ロマンを訊ねるまち歩き「吾野まちづくり」 をご紹介します。吾野まちづくり推進委員会が平成11年に発足し、恵まれた自然環境を保全し、魅力的な地域づくり事業を展開しています。

 

ダウンロード  ポスターはダウンロードできます。

最寄り駅:西武池袋線「吾野駅」   駅を出ると「吾野宿」です。

  吾野まちづくり  飯能市坂石町分へのリンク

  馬糞饅頭 ブログ
 

お問い合わせ

埼玉飯能市坂石町分150-11コムハウス内

E-Mail:contact-comstation@googlegroups.com
電話:042-978-1946、FAX:042-978-1948

担当:大河原

 

 

大師堂 奥多摩新四国 弘法大師札所 御本尊・阿弥陀様 埼玉県飯能市

奥多摩新四国五十七番札所 大師堂

201491024344.jpg
 
奥多摩霊場新四国八十八ヶ所霊場は真言宗の宗祖・弘法大師の札所です。昭和 9年(1934)に都下瑞穂町の武田弥兵衛氏を中心として、東京善心講の人たちにより開創されました。

年間3、4人程度の御朱印を求める方が来られるくらいで、ほぼ忘れられた札所です。
お寺さんだけでなく、民家にも祀られており、不在のことも多いようです。
何度も伺い、やっと御朱印をいただいたと言っていた人もいました。
 
再び活発な札所になることはないでしょう。

元は現在の永代供養塔の場所にありましたが、平成21年(2009年)6月に場所を移して、参道に再建されました。
円泉寺の檀家さんのほとんどが、お墓参りの折にお線香を手向けています。
 
       地図

阿弥陀様と御大師様

向かって右が、阿弥陀如来像。左が弘法大師像です。お大師様はちゃんとお名前が彫ってあるのですが、お地蔵様と勘違いしている方が多いようです。

赤い帽子をかぶせてくれた、おばあちゃんも、お地蔵様と言っていました。ちゃんと檀家さんにご案内したのですけれど。

201410173152.jpg

 

埼玉県飯能市平松376   円泉寺

 

虚空蔵菩薩

昨年新しくお招きした虚空蔵菩薩様です。右手に宝剣左手に如意宝珠を持つお姿をしています。

 

 

また、智慧や知識、記憶を司る菩薩様として信仰されています。

虚空蔵求問持法のご本尊として百日間修行すると、行者はあらゆる経典を記憶し理解できると言われ、弘法大師は、室戸岬の洞窟で、この法を修しました。

三十三回忌担当のご本尊として、ご法事の折に檀家さんとお話ししやすくなりました。また、丑と寅歳生まれの人の守り本尊でもあります。

 

 

御本堂の内陣奥に祀られていますので、近くでは拝めません。見づらいですが、前もって連絡をいただければ、御本堂で拝むことも可能です。

 

飯能では、川寺の大光寺さんが、有名です。

ホーム

 

〒357-0014   埼玉県 飯能市平松376番地   円泉寺   電話042-973-5716  

地蔵菩薩と水子供養

お地蔵様や観音様ほど、なじみの深い仏様はいないでしょう。
 
201492921530.jpg
 
このお地蔵様は、昨年本堂にお招きしました。
 
お地蔵様は三十五日忌担当のご本尊様です。
 
 
20141017204.jpg
 
 
三十五日忌のご法事や、水子や子供の納骨法要の時はこの御尊像を祭り、お地蔵様のお話しと御供養を行います。、
宗旨宗派により、立場も違いますので、内容は書きませんが、ただ拝むだけでなく、励ますのでもなく、自然とお地蔵様に手を会わせていただくことが癒やしとなり、さらに穏やかな気持ちになっていただけたらと思っています。
 
以前、水子のたたりなどと宣伝し、水子供養を行わないと災いが起こると騒ぎ立てた人たちがいました。水子の祟りなど、あり得ません。
水子供養を行うことにより、親御さんが安らかな気持ちになることは、何度か檀家さん、永代供養のご法要の経験で分かりますが、霊障などの脅しはいけません。
何度も水子供養の施設を作らないか、水子地蔵を建てないかと、パンフレットを持ってきた業者もいます。水子供養は儲かりますよと暗に書かれていました。
あの業者さんは、また別の儲かりますよ商売を行っているのでしょうか?
水子供養の宣伝を禁止するよう決議した宗派もありました。派手に宣伝して僧籍を剥奪するぞと言われたお寺さんもあるそうです。
 
水子や子供は生まれ変わると言われています。お地蔵様にいつかどこかに生まれ変わって、元気に育ってくださいと祈ることが大事なことです。きっと生まれ変わり、元気に暮らしています。
賽の河原に至った子供達が他の五道に向かわず、お地蔵様の導きで再び人に生まれ変わるとするのが下の図です。
 
賽の河原
 
縄文の遺跡には、子供は住居跡に埋葬されている例が多いそうです。山田康弘先生のPDFを参照してください。link
以前読んだ本には、踏まれることにより、何処であるか強い子になって生まれ変わって欲しいとする考えがあったようです。戦後まで長野県の一部では、この風習が残っていたそうです。
このような考えが、仏教に取り入れられて賽の河原の原型になったと思います。
 
菩提寺のある方は、菩提寺に依頼することが一番の水子供養です。
何年も水子供養を行ったお寺から案内が来ていやになり、小さな水子地蔵の処分を頼まれたことがありました。そのお寺に返すことを勧めましたが、供養後お預かりしたこともありました。
但し、分家筋でお墓を用意できない方には、永代供養施設も候補になるでしょう。
水子の施設のあるお寺にお参りすると知り合いに会い、ご近所に知られてしまった。永代供養の施設や普通のお地蔵様などならば親戚のお墓参りと、とぼけられたのにと話していた方がいたのを思い出します。
お骨のない方は、お近くや縁のあるお寺のお地蔵様や観音様などに、お花、お線香、お水を手向けるだけでも安らかになり、お子様の供養になります。
 

賽の河原

心の癒やしは誰かに特別の供養を依頼するだけでなく、何度か気の済むまで、どこかの仏様に手を会わすだけでも十分なはずです。

お墓がなくてもお骨を仏壇で手元供養にしている人がいます。そのときは良くても、いつまでも手元に置くことにより、かえって家庭に波風を立ててしまったご家族がありました。老夫婦が亡くなり、遺品を片付けていると、仏壇に水子さんのお骨が祀られていたこともあります。おばあちゃんは手元から離せなくなっていたようです。

以前檀家さんが来られ、広告にあった僧侶に相談すると、あなたの身体の不調や家庭の不幸は、『おじいさんの兄弟で、祀られていない霊のたたり』などと言われたそうです。
「昔は子供が10名以上の家は、たくさんありました。必ずしも全ての方が、育ったわけでもありません。水子さんもいたはずです。結婚しなかった人や、子供のなかった方もいたかもしれません。そのために悪いことばかり起きたのなら、日本はどうなっていたのでしょうね。
霊感商法ですから気をつけて下さい。」とお話ししました。
やたらと霊障の言葉を出す人には気をつけましょう。
市内には、数百万円を支払って、気がつかないおばあさんがいました。霊感商法にはマニュアルがあるそうで、うまく信じさせてしまうテクニックが恐ろしいと思いました。
 
 
参道入り口のお地蔵様です。
 
20149292195.jpg
 
昔は災いや病気は悪霊が外から運んでくると思われていました。
村の辻々にお地蔵様が祀られているのは、自分たちの村に悪霊が入り込まないよう、結界の役割をしていました。
 
お寺の入り口のお地蔵様もお寺の外と境内とは違う世界だという意味があり、祀られています。
ここでもお地蔵様はお寺に檀家さん信者さんに災いが及ばないよう、ご先祖様、亡き人が間違いなく成仏していただけるよう、お力になっているのです。
 
 
六面のお地蔵様
2014103141646.jpg
 
私が円泉寺に入山したときは、この六面のお地蔵様が、参道で御守りしていました。前の六体のお地蔵様は、新しい御尊像です。 
 
 
阿弥陀堂のお地蔵様です。
 
201410172443.jpg
 
 
小さい御尊像ですが、写真に撮り拡大して見て、始めてこのお地蔵様のすばらしさが分かりました。ファンがいるのも分かります。老眼鏡がいつも必要な年齢になりました。

石仏のお地蔵様はまだありますが、頭が取れて補修してある御尊像がほとんどです。

境内の仏様は、いつも私たちを見守っています。
 
追記 2015/05/23
印刷の掛け軸ですが、少し離れると手書きと見分けが付きません。
 
 
2015523161512.jpg
 
 
   埼玉県 飯能市平松376番地   円泉寺   電話042-973-5716  
 

やっと見つけたペット火葬業者さん

 

ペットの火葬業者を何社か変更し、安心してご紹介できる業者さんを見つけました。

 

201493182816.jpg

 

かつてペットの御遺体を火葬にせず山に捨てた業者もいました。ペットの納骨を経験してると、問題のある業者さんがいることが分かります。

お電話にて問合せください

 

ご紹介した方からも、かつて頼んだ業者とはまったく違い、親切で丁寧だったと喜ばれています。
従業員がちゃんとした教育を経てから担当しているので安心です。

円泉寺『ペット供養塔(お墓)だけでなく、他のペット納骨施設などを利用希望の方もお勧め致します。

 

円泉寺ペット供養塔

 

ページ上部へ