2021年10月19日

鬼の念仏 大津絵と土鈴

以前より本物の大津絵が欲しかったのですが、かなり高価でしたので諦めました。

高橋和堂さんの版画版「鬼の念仏」にありますが、印刷された作品に見えます。

縦が色紙と同じサイズです。

 

 

芭蕉の句『大津絵の筆の始めは何仏』と書かれています。

facebook「大津絵さんぽ」が役に立ちます。

 

大津絵は江戸初期から土産として売られていました。

たくさんの種類があります。

 

下の二体は土鈴で、大津絵を元に作られています。

 

 

 

 

下は小さな鬼の念仏土鈴です。

 

 

 

三点共に三井寺の近くで売られていたようです。

ただし、確実なことは分かりません。

 

この二体の土鈴は、知人へ差し上げました。

いろいろな物に興味を持つ人です。

 

 

天台宗 東光院 埼玉県東松山市

東光院は江戸初期の開山とする寺です。

天台宗は埼玉県では古寺い院が多い中、比較的新しい寺院なのかも知れません。

 

 

高坂駅から約500メートルの近くにあります。

 

 

六地蔵

 

観音堂には聖観音を祀ります。

 

観音堂の前には三面馬頭観音の石仏が祀られていました。

 

 

素敵なお姿をしています。

 

後で気がついたのですが、墓地の東側の土盛りは古墳(高坂6号墳)でした。

 

 

高坂古墳群と言われ、かつてはかなりの数の古墳があったようです。

どこかは分かりませんが、埼玉県で初めて古墳時代前期(西暦250~260年ごろ)の三角縁陳氏作四神二獣鏡が発掘されています。

 

東光院 埼玉県東松山市高坂926  地図link

 

曹洞宗 高済寺 高坂館跡 埼玉県東松山市

二十数年前に高済寺に訪れています。あのあたりを何か探していたときでした。

以前は廻りに民家も少なく、緑の多い寺だったように思います。

高坂駅に約500メートル、大型店舗もありますから、様変わりするのも無理はありません。

 

 

 

以前来たときは高坂館跡の案内板があったのを思いだし、ここによることに致しました。

高坂氏の居城として、さらには北条氏の城として機能したようです。高坂館ウィキペディアlink

現在の高済寺境内よりさらに広い場所が、戦国期に重要な城跡だったことが知れます。

この遺跡は埼玉県選定重要遺跡になっています。

 

 

この案内板を見ると、かなり広い規模の城跡だったことが分かります。

 

 

境内裏手には加賀爪氏の墓がありました。

徳川となり加賀爪氏は、一万石以上の領地を持つ大名となりました。

直澄の代に領地を没収されました。高坂直澄ウィキペディアlink

 

 

 

 

高済寺 埼玉県東松山市高坂834 地図link

 

 

 

ページ上部へ