2021年11月03日

武蔵野七福神・布袋尊 山口観音金乗院 埼玉県所沢市

武蔵野七福神札所の山口観音金乗院です。

 

弘仁年間に弘法大師により開かれたと伝えられています。

金乗院の旧本寺は音羽の護持院(廃仏毀釈により廃寺)でした。 護持院ウィキペディアlink

総本山は長谷寺ですが、護持院が廃仏毀釈となって護国寺により吸収されてより、本末関係のある寺院が無くなり特殊な位置にあるそうです。

埼玉県で他に護持院末寺は、他に多門院の二ヶ寺だけでした。

 

 

 

布袋様を祀るのは、鮮やかな色彩の七福神堂です。

たしか台湾から資材を取り寄せ、向こうの職人が建設したように記憶しています。

かなり以前来たときは、派手派手でいやでしたが、今では落ち着きのある装いをしています。

武蔵野七福神の札所link

 

 

中国から招来された布袋様です。

 

御本堂の裏には、数多くの地蔵菩薩が祀られています。

お子さんを亡くされた方々の供養の場所となっています。

この日も二組の御夫婦が、花とお線香を持って参拝していました。

 

 

さらに上に登ると五重塔があります。

左右には西国三十三観音札所の観音様を祀る仏国窟入口がありました。

 

 

明るい洞窟ですから、どなたも安心して参拝が出来ます。

 

 

閻魔堂もありました。

新田義貞が戦勝を祈願し、後に愛馬がここで余生を送ったことに因み、白馬が祀られています。

 

 

いろいろな御堂がありますので、余裕を持って参拝して下さい。

私はデジカメの電池がなくなり、途中から撮影を諦めました。

情けないことです。

 

※江戸時代の護持院

 

 

江戸時代に今はない護持院が、護国寺の東側にあったことが分かると思います。

 

 真言宗豊山派  山口観音 埼玉県所沢市上山口2203 地図

 

曹洞宗 瑞巌寺 埼玉県所沢市

所沢市内から西武球場に向かうと、右側に見える寺です。

室町時代に武蔵七党村山氏の内、山口氏の菩提寺として創建されました。

 

 

立派な仁王石像のある門を抜けて、御本堂に向かいます。

 

 

山口氏の墓塔は、御本堂西側にあります。

アチコチの武蔵七党武将の石塔も、同じような大きさでした。

山口高実は足利氏満と戦って討ち死にしています。

 

 

旗本・宇佐美家と久貝家の墓もあります。

 

 

 

境内には立派な地蔵菩薩の石仏が二体ありました。

特に座像にはひかれます。

 

 

おじぞうさまの向こうにある御堂は、不動堂です。

 

境内東側には「所沢入間パイパス」ができ、入間方面からは便利になっています。

久米からは東村山方面も計画されていますが、まだ工事中のようです。

 

瑞岩寺 埼玉県所沢市山口400  地図

 

 

神明社の「いも神さま」 埼玉県所沢市

多門院とは元々一つの寺院でした。

廃仏毀釈により独立した神社になっています。

 

 

 

御本社の西側に「いも神さま」の社があります。

青木昆陽が推奨した薩摩芋の話を聞いた吉田弥右衛門(やえもん)は、寛延四年(1751)に試作しました。

飢餓に備えた自作用作物でしたが、後に江戸での焼き芋用となりました。

川越と言えばイモと言われるほど知れ渡ったのです。(この地は河越藩の領地だったはずです。)

 

 

青木昆陽と吉田弥右衛門を近年「甘藷乃神」として祀りました。

 

 

中央のオブジェは薩摩芋でした。

 

私が若い頃、川越街道の農家で薩摩芋を買ったことがありました。

関越高速が出来て、川越街道を通らなくなりましたが、今でも売っているところがあるのでしょうか。

 

他にも天満宮が祀られています。

 

 

神明社  埼玉県所沢市中富1507 地図

 

武田信玄守り本尊・毘沙門天 多門院 埼玉県所沢市

川越藩主の柳沢吉保が、三富新田の祈願寺として多門院を創建しました。

多門院の旧本寺は音羽の護持院(廃仏毀釈により廃寺)だそうです。護持院ウィキペディアlink

現在は護国寺末となっています。

埼玉県で他に護持院元末寺は、他に山口観音の二ヶ寺だけです。

 

 

毘沙門堂は武田信玄守り本尊の毘沙門天が祀られています。

 

 

今も祈願寺として積極的に、寺院運営をしているようです。

 

 

 

毘沙門天は寅年の御本尊ですから、狛犬ではなく狛虎も祀られています。

 

 

狛虎の廻りには、たくさんの小さな虎が納められていました。

 

御本堂には車椅子用の坂が、斬新な設計で作られていました。

面白い着想だと思います。

 

 

側面にはアンモナイトの化石が塗り込められていました。

 

境内の一角に弘法大師、地蔵菩薩などの石仏が祀られています。

 

 

 

面白い鬼の石像がありました。

 

 

 

板橋区の東京大仏・蓮乗院にも同じ石像があります。

ここでは「がまんの鬼」となっていました。

 

東京大仏の「がまんの鬼」

 

多門院では、何と呼んでいるのでしょうか。

蓮の鉢が、たくさんありました。蓮の時期に参拝するのが良いと思います。

 

多門院 埼玉県所沢市中富1501 地図

多門院ウィキペディアlink

 

 

ページ上部へ