妙見菩薩

古四王大権現と北辰妙見大菩薩 遠藤昌益画 秋田県横手市・古四王神社 古文書・御利益記

市内の骨董屋さんで購入した遠藤昌益(近松栄和)の作品と思われる掛け軸です。

古四王神社は胡四・巨四・小志・高志・越などと当て字され、秋田を中心に東北と日本海側に約40社点在しています。各地の古四王神社は豊作と、目の神として信仰されています。
古四王大権現の図は、秋田市の古四王神社と思いましたが、違ったようです。 古四王神社 Wikipedia          

甲秀山古四王大権現

後に手に入れた古文書には秋田平鹿郡植田村とありました。平鹿郡は現在の横手市にある古四王神社のようです。廃仏毀釈以前は甲秀山古四王大権現でしたが、古四王堂とも言われていた可能性があります。

古文書の画像は図像の次に掲載しました。

古四王神社  横手市十文字町植田字宮ノ前6   地図          古四王神社 横手市リンク

 

 

甲秀山古四王大権現

上右・釈迦如来   上左・薬師如来

中右・毘沙門天  中左・文殊菩薩

下・二童子

 

古四王神社は、本尊が毘沙門天(多聞天)だった所が多かったようです。

 

下の妙見菩薩掛け軸と対になっています。

 

北辰妙見大菩薩

中左・水天   中右・三面青面金剛

下中央・妙見菩薩    下左右・二童子

 

古四王大権現は

  • 四天王
  • 釈迦如来・薬師如来・毘沙門天・文殊菩薩
  • 妙見菩薩

が習合し、信仰されていたことが、これらの掛軸からも分かります。

 

この掛け軸は阿闍梨・舜浄により、安政6年(1859)に開眼されました。その当時の住職ではないかと思います。

廃仏毀釈ためか、由緒のある寺でありながら、分からないことだらけです。

願主・今野伊左エ門 藤原信光とあります。

青森県を除く東北地方には「今野姓」が多くいます。読み方は「こんの」「いまの」のどちらか分かりません。

 

 

遠藤昌益は文政4(1821)年に生まれ、秋田藩佐竹家の湯沢城代(秋田県湯沢市)の佐竹南家のお抱え絵師的存在だったようです。

筆渦により江戸に逃げ、帰郷して矢島領城内に身を隠し、近松栄和を名乗りました。この作品は筆渦事件以前の作品なのでしょう。

明治22年に北海道で亡くなりました。

 

甲秀山古四王大権現御利益記

古文書も手に入れました。

スマホでは字が小さいため読みづらいです。パソコンで読んでください。

 

 

即清寺 七九供養塔(薬師如来・妙見菩薩・不動明王の石仏) 東京都青梅市

即清寺は真言宗豊山派の寺院です。
私の住む飯能市は、隣接していながら真言宗智山派が多いですが、青梅は武蔵国西多摩郡であったためか、真言宗でも豊山派が多い地区です。


歴史を感じる、落ち着きのあるお寺です。



私の目指す妙見様の石仏は、七九供養塔の向かって左側に彫られています。



正面のお薬師さまは、子供を抱いています。初めて来たときは、本当にお薬師さまなのかと思いました。
他の方もそのように思った方が、けっこういたようです。



妙見菩薩は竜に乗っています。



お不動様も威厳があり、素晴らしい彫刻です。



山門の仁王様



境内には他にも沢山の石仏が祀られています。




ご本堂と鐘楼堂

 



山内四国八十八カ所霊場の一番です。

 



境内にお雛様が飾ってありました。
今年は3月5日~3月25日までです。

 



青梅には梅林があるのですが、病気で伐採されてしまい、小さな木だけでした。
当然散策の人は見かけません。
立派に育つまでは、何年もかかりそうです。


即清寺  東京都青梅市柚木町1丁目4-1  地図

宗徳寺 西分神社 東京都青梅市

駐車場はお寺の中にもありましたが、線路を渡る手前に広い駐車場があります。



山号が妙見山です。
元々西分神社は宗徳寺の妙見社でした。廃仏毀釈の折、分離して神社になりました。
今でも地元の人は、妙見様と呼んでいると聞いたことがあります。

現在、妙見菩薩の御尊像は宗徳寺にあります。



本堂の屋根には、七曜星の紋があります。

宗徳寺  東京都青梅市西分町1丁目33  地図


お寺の西側に西分神社があります。



西分神社に向かいました。





階段の途中には面白い狛犬があります。
獅子が子供を崖下に突き落とした像です。子供がたくましく育って欲しいとの思いを込めた石像でしょう。
千葉神社にも似た狛犬があります。
ここの天御中主神は安産の神と言われているそうです。関連あるのかもしれません。






ここの社紋は宗徳寺と同じ七曜星でした。

 

金刀比羅神社 妙見□星頂輪王 東京都青梅市

車を青梅鉄道公園近くの駐車場に置き、西に向かうと金刀比羅神社があります。


鉄道公園前の広場には、彼岸桜か咲いていました。



ハイキングや散歩をする人たちが、かなりいます。
神社の裏側に出ます。妙見□星頂輪王石碑がお社の裏側に見えます。

今から15年ほど前より、私が調べている妙見菩薩関連の寺社などを掲載した「妙見菩薩資料集」がホームページにあります。link

この近くまで来たことがあるのですが、当時は正確な場所が分からなく、資料集には掲載してありません。



金刀比羅神社です。青梅駅の真北にあります。
毎月10日に祭礼が行われているようです。

 



金刀比羅神社  東京都青梅市本町 220   地図

お社の裏側に 妙見□星頂輪王 七星大権現が祀られています。



亀踏像の妙見様 北斗妙見塚



七星大権現の祠



十二方角碑です。
石工は、飯能の粕谷端其とありました。
私の住む飯能にも優れた石工がいたようです。

 



境内から青梅市内をながめることが出来ます。



武蔵御嶽神社の遥拝所

 

妙見堂の椿

妙見堂の赤い藪椿がきれいです。

まだ何本もあるのですが、小さい木は蕾もありません。将来が楽しみです。

階段下の白に赤の混ざった種類は、秋から咲いています。

まだ蕾もありますので、しばらく楽しめそうです。

 

墓地前の椿は咲いていますが、これから一気に咲きそうです。

天台宗 三鈷山妙見寺(旧七星山息災寺) 高崎市

かつては三鈷山息災寺といわれ、平将門の伝承にもある関東における妙見信仰の大元でもあります。
ここから妙見信仰は秩父、千葉に広がっていきます。妙見寺   妙見信仰  

妙見寺 群馬県高崎市引間町213 地図
 


妙見菩薩を祀る妙見社



御本堂の本尊は釈迦如来。

 
境内は桜が多いので、満開の頃訪れるのが良いと思います。
 
石祠の中の仏様。
 

 

ここに行くと必ず寄るのが、妙見茶屋本店です。妙見寺の南側にあります。支店が五店舗あるそうです。
商品はここの裏で作られています。
いつも求めるのは酒まんじゅう。美味しいですよ。


後から入ってきた人は、みたらし団子を注文していました。
こちらもお薦めです。

店舗の脇は、感じの良い庭があります。風情がありますね。

 
妙見茶屋本店  群馬県高崎市引間町159−1  地図

 

葛飾北斎の墓 誓教寺 台東区元浅草

小布施に行ってから、北斎のお墓をお参りしたくなりました。
もっと早く行きたかったのですが、雨雨雨で無理をしないことにしました。

浄土宗誓教寺  東京都台東区元浅草4丁目6-9   地図
北斎は日蓮宗信者で北辰妙見菩薩を信仰していました。北斎はそれに因なんでつけられたのでしょう。
何度も名を変えていますが、北辰北斗に関連した名前が多いです。

それでも菩提寺は浄土宗でしたので、誓教寺に祀られました。
 
先ずは御本堂にお参りです。
ご本尊は当然阿弥陀様でした。
 

 

葛飾北斎のお墓です。

墓標には「画狂老人卍墓」と掘られています。

裏のお塔婆の文字には、
「南牕院奇譽北齋居士(なんそういんきよほくさいこじ)」とありました。
当時の院号居士は武士階級のみであったはずですから、高橋克彦氏により著された「北斎殺人事件」の北斎隠密説も納得できます。ブログlink

 

本堂前の階段には、北斎も書けない名画が描かれていました。

 

平将門伝説の七天王塚 千葉市亥鼻

郷土博物館の次に、七天王塚のある千葉大学医学部に向かいました。
博物館の北西にある階段を降りて行けば、大学のそばに出られます。
大学も亥鼻城の跡です。
 
北斗七星の形で七カ所に塚が築かれ、牛頭天王が祀られています。
 
 
 
 
 
 
以前行ったときは、校内に入れるか心配でしたが、気軽に入ることが出来ました。
これらの塚は、古墳を利用したのではないかと思われているようです。
都内にある平将門首塚も、今よりはるかに大きな古墳でした。
 
①校内
 
イメージ 3
 
 
②校内
 
 
車の場合、一般の駐車所は校内校外共にありません。亥鼻城址から南の方にはありましたので、そのあたりから歩いて行くしかないと思います。
 
 
 
 
③校内
 
 
 
 
④校内
 
 
⑤校内
 
 
 
⑥校外
 
 
 
 
 
 
 
⑦校外
 
 
以前行ったときには、枝が切られずに伸びていました。
切ると悪いことが起きると、伝えられていたようです。
 
今の時代では、切らざるを得なかったのでしょう。
 
 
千葉大学医学部
   千葉県千葉市中央区亥鼻 1-8-1 
 
次に栄福寺に向かいました。
 

秩父神社の妙見様と養蚕神

秩父の妙見菩薩は女性?

秩父神社の妙見様は女の神様と言われています。旧武蔵国秩父郡や隣接する地区では、長女が○○神社、次女が秩父神社、三女が△△神社であるなどの三姉妹伝承があります。

童子形の妙見菩薩で他に女性とする所は、聞いたことはありません。

 

 

秩父神社のお姿と他の童子形妙見菩薩

童子形妙見菩薩の中世以降のほぼ共通した特徴
・亀に乗る
・髪の毛が長い
・甲冑を着て剣を持つ
秩父神社のお姿は他と異なり、桑の枝を持っています。
 

 

 

 

他の童子形妙見菩薩

群馬県高崎市群馬町  妙見寺

ブログlink

福島県南相馬市  相馬太田神社

福島県南相馬市  小高神社

福島県相馬市  相馬中村神社

ホームページ

 

不明

磐裂(いわさく)神社

栃木県日光市遠下3-1

 

中世以前の妙見菩薩は、吉祥天や密教系の諸天のお姿をしています。 三井曼荼羅図link
 
髪の毛が長いだけが女性の特徴ではありません。たとえば日本でも根来の行人や占い師は長髪でした。
髪を長く伸ばしている男は、特殊な能力を持った人の意味もありました。
無関係と思いますが、牛飼い童(うしかいわらわ)も成人でありながら長髪です。
道教の神々は、長髪が多く見られます。
 
日本では子供と老人は神に近いと考えられていました。
私は童子形妙見菩薩は玄武(中国では真武)がそのまま入ったのではなく、子供の姿として日本的展開をしたとの立場でいます。
聖徳太子像も少年の姿が多く見られます。
話は変わりますが、死後老人が子供になってあの世に行く図があります。人は若返って浄土に向かうと思われていたようです。
中世の童子形(津田徹英著)が参考になります。
 

常陸国(茨城県)の三蚕神社

星福寺  茨城県神栖市日川900

星福寺の衣襲明神ブログlink

蚕養神社  茨城県日立市川尻町2

蚕影神社 茨城県つくば市神群1998

 

 妙見菩薩と養蚕神の習合

秩父に祀られるより以前に祀られている高崎市の妙見寺お姿をはじめ、他の神社仏閣では桑を持っていません。

 
秩父は養蚕で栄えました。明治以降は秩父銘仙も知られるようになりました。秩父の祭りは養蚕と関連しています。

秩父の妙見様は女神である養蚕神と習合し、江戸期に女性の神様とする考えが生まれたと思っています。

また、秩父夜祭りは、秩父神社の女の神様と武甲山の男の神様が、逢い引きする日と言う人がいますが、単なる俗信だと思います。
おそらく諏訪信仰が秩父に早くから入っており、諏訪湖の御神渡り(おみわたり)伝承が、秩父で武甲山と秩父神社に変化したのではないでしょうか。

諏訪信仰に詳しい友人も同じ様な意見でした。秩父神社の関係者も同じ様な意見の方もいます。

妙見寺 高崎市引間町

妙見菩薩と平将門公を調べ始めたのが十数年前でした。その頃と5年以上前にお参りに来ています。
妙見菩薩資料集  link  
 
天台宗妙見寺  群馬県高崎市引間町213  地図
 
 
 
 
 
千葉妙見大縁起にある平将門、平良文の前に現れた七星山息災寺(現・天台宗妙見寺 高崎市引間)妙見菩薩。
染谷川の浅瀬を渡るところです。
 
 
妙見寺前の妙見菩薩が現れた染谷川ですが、千葉妙見大縁起とイメージが重なりません。 地図 
以前以前書いた大縁起展のブログ  link    
 
看板中に書かれている「総社長尾氏」は平良文の子孫ですから、当然妙見菩薩への信仰を持っていたはずです。
長尾家は山内上杉家とともに長尾景虎を頼りました。
 
上杉謙信(長尾景虎)とも同族です。景虎が上杉家の養子となったのも総社長尾氏との関連もあったと思います。
謙信も妙見信仰がありました。
 
 
妙見前の染谷川
 
左が妙見堂(本尊妙見菩薩)、右が本堂(本尊・釈迦如来)
 
 
 
 
 
 
 
とても素晴らしい建物です。彫刻も見事です。
 
 
 
 
古い妙見寺のお姿札
 
妙見堂の西隣に歴代住職のお墓がありますが、その脇に石祠が集められています。
埼玉では見かけることがない形をしています。
中世末期から近世前期の墓石(廟墓)でした。歴代の御住職の墓なのかもしれません。
 
 
 
 
ここにお参りに来ると必ず寄るのが妙見茶屋です。
県内に数店舗ある本店です。
初めてここに来たとき、ここの女将さんが「妙見寺は住職が来てから、ずっと良くなりました。」と話していたのを思い出します。
無住の時代が長かったようです。
 
 
 
ここに来ると必ず酒まんじゅうを買って帰ります。
私の地元にもありますが、地元と風合いが違って美味しいです。
 
次回は、すぐお隣の「上野国分寺跡」です。
 
ページ上部へ