円泉寺便り

妙見大菩薩(神社) 千葉市

地図に妙見大菩薩とありました。

行ってみると神社の構えをしています。

 

間違いなく妙見大菩薩と額にあり、御堂であり神社でもあるような所でした。

しかし、詳細が分かりません。

 

妙見大菩薩  千葉市中央区院内1丁目1−8 地図

千葉神社参拝

妙見菩薩を調べている私にとって、ここは絶対外せない所です。妙見菩薩資料集link

廃仏毀釈以前は妙見菩薩を御本尊とする真言宗北斗山金剛授寺でした。

千葉氏3代・平忠常により現在地に祀られ、妙見信仰の中心地となりました。

 

かなり変わった神社であることは知っていましたが、二階建ての珍しい建物です。

また八方除けなど、他の神社ではあまり目にしたことのない御祈願が行われています。

 

社紋も千葉氏の代表的な月星と九曜です。

 

一見、平等院鳳凰堂のような構えをしています。

 

西脇の池の先には、末社が祀られていました。

 

更に西側に向かうと池があり、弁財天が祀られていました。

 

千葉城跡の千葉郷土博物館にある、千葉常胤像と同じ形の像がありました。

なにもこんな所にと思う場所です。

西脇南は公園となっており、面白いモニュメントがあります。

 

次に妙見菩薩(神社)に向かいました。

妙見神社の裏側です。

おもてからでは分かりませんでしたが、かなり高低差があります。

 

千葉神社    地図          千葉神社ホームページlink             千葉神社ウィキペディア

 

明神社 埼玉県さいたま市緑区

平将門公が祭神です。

何時の時代か分かりませんが、平将門公をお祀りしている相馬小高神社から、分霊を祀ったのだそうです。

 

参道入口は狭かったのですが、奥は広い敷地でした。

 

明神社 埼玉県さいたま市緑区井沼方390 地図

追記 2020/01/25  住所がとなっていました。

密蔵院 埼玉県川口市

密造院は当寺と同じ真言宗智山派に属しています。

先ほど書きました九重神社を包み込むような境内となっています。思った以上に広い境内でした。

 

右側が接待の場となっているようです。車椅子も用意してあり、お参りしやすい寺となっていました。

先ほどの九重神社と同じく、この地は平将門公城跡と伝えられています。

九曜紋が将門公関子孫や社寺に多く見られます。

将門公の開基と伝えられ、守り本尊であった地蔵菩薩が祀られています。

 

平将門供養塚が本堂裏手にあったのですが、気がつかずに帰ってしまいました。

 

密蔵院 埼玉県川口市安行原2008  地図             ホームページlink

 

近衛神社 埼玉県川口市

隣の密蔵院と比べると、かなりの規模の違いがあります。密蔵院と九重神社の地は、平将門公の城跡と伝えられています。

元々は氷川神社でしたが、明治以降に安行の九社の神社を合祀して九重神社としたそうですが、どこにもありそうな神社です。

しかし、密蔵院の紋章は九曜星です。平将門公の信仰した妙見菩薩に因んでいます。

ここの紋も九曜星ですので、紋に関連して付けられたのかもしれません。明治以降、平将門公への多くの神社の対応が、関連しているようにも思います。

となりの密蔵院では、ハッキリ平将門公の関連を伝えています。

 

丁度、車のご祈祷が終わったばかりでした。

二人の神職の方がいましたので、少し話しを致しましたが、とても気持ちの良い方でした。

社殿の西側には、大きなスダジイの木があります。

 

追記  2020/01/24

近年は御朱印ブームですが、当寺に来られる方の御朱印帳を見ると、九重神社の御朱印が数多く見られます。

宮司の人柄とアイデアの勝利なのでしょう。

 

              ホームページlink

 

簗瀬神社 埼玉県長瀞町

ある関連のことを調べていましたが、何のいわれも明らかになりませんでした。

しかし、室町時代の古い建築様式なようです。弘安年中の奉斎と伝えられています。

 

たしかに他では見かけたことがないたたずまいの神社でした。

 

 

簗瀬神社 埼玉県秩父郡長瀞町矢那瀬1380 地図

 

普門院 江東区亀戸

ある寺をお参りした帰り、円泉寺と同じ真言宗智山派の寺を見つけました。

都内とは思えない、うっそうとした林の中にあるような寺院です。

また、伊藤左千夫の墓の石柱がありました。

 

 

御本堂は閉め切られた状態でした。

 

左千夫の墓を詣でようと思いましたが、訳あって取りやめることに致しました。

もう少し駅に向かうと、亀戸天神です。

 

普門院     ウィキペディアlink

日蓮宗 能勢妙見山 東京別院

今から三十年以上前に大阪の能勢妙見山の近くを通ったことがあります。

当時は私が妙見菩薩関連の寺に入るとは思っていませんので、お参りせずにいました。

惜しいことをしたと思っています。

勝小吉と勝海舟父子信仰が知られています。

 

 

能勢妙見山東京別院 東京都墨田区本所4丁目6−14 地図               能勢妙見山ホームページlink

筑土八幡神社 新宿区

嵯峨天皇のころ創建されたと伝えられる神社です。

祭神は應神天皇・神功皇后・仲哀天皇を祀ります。

 

 

田舎者の私にとっては、初めての神楽坂です。

 

 

坂の多い町でした。

かつては下宮比町にありましたが、現在地には明治40年に移っています。

 

 

 

 

伝教大師の伝承もあるのですね。

千代田区の筑土神社は、かつてここに祀られていた時期もあります。

 

田村虎蔵先生の歌碑「金太郎」がありました。

 

 

「まさかりかついた きんたろう♭」

子供の頃読んだ絵本と童謡を思い出します。

 

筑土八幡神社 東京都新宿区筑土八幡町2-1

 

兜神社 東京都日本橋

明治11年、兜町に東京株式取引所が設けられるにあたり創建されました。

江戸期の創建とばかり思っていました。

鎧稲荷と兜塚が合祀され兜神社となったそうです。

 

境内の兜岩は前九年の役に源義家が、この岩に願を懸けて祈願したと伝えられており、日本橋兜町の由来となりました。

現在の位置に祀られるまで、数回の移動があったそうです。

 

兜神社から千代田橋、大手町の首塚へ向かいました。

 

兜神社  

ページ上部へ