平将門

二宮神社参拝 あきる野市

二宮神社に参拝したのは、三度目となります。
平将門公を調べる過程で、反将門公側として調べに来ました。
天慶の乱のおり、藤原秀郷の祈願した神社として、伝えられています。
 
秀郷が本当に来たのかは、明らかでありませんが、各地に伝承が残っています。
 
 
この神社は古い歴史があり、武蔵国の二宮でした。
大石氏の城館だったようです。見た限りでは土塁と思われるような遺跡はないようでした。
 
 
 
 
9月9日の大祭が行われるための準備でしょう。
表の通りも、交通規制があるようです。
 
 
 
ここの前にお参りした養澤神社は、アラハバキ神社が合祀されていましたが、ここでは荒波々伎(アラハバキ)神社が、祀られています。
 
東日流三郡史(つがるそとさんぐんし)は、偽書と言われていますが、内容はとても面白く、つい読み進めてしまう内容でした。
今でも、遮光器土偶やアラハバキの文字を見ると、東日流三郡史を思い出します。
 
 
 
神社をお参りする前に、二宮考古館を見学致しました。
この辺りの縄文土器や、石器などが展示されています。
 
一番見たいのが、薬師如来の懸仏です。廃仏毀釈で捨てられたご尊像でしょう。
二宮神社の裏から発掘されました。
室町時代と言われる小さなご尊像ですが、まだ金色に光っていました。
 
神仏混淆が行われていた、数少ない証拠です。
ここにあった梵鐘が、売られたらしく、所沢市の神社に存在しているそうです。
 

 

 
道路を挟んで東側には、神社の池があります。
澄み切った水が、絶え間なく流れています。
 
 
ゆっくりしていたい場所ですが、用が出来て帰らざるを得ませんでした。
 
 
 
 
 

門軍記 上下巻

平将門公を調べる過程で、古本屋サイトで見つけた本です。
調べると絵本に分類されていましたが、楽々読める本ではありません。
 
明治20年1月31日の発行です。
ネットで調べると明治17-20年の発行とありました。link
 

著者・竹内栄久 編[他]出版者・小森宗次郎

 
 
上巻:「将門と桔梗」 縦横約16.5-11.3センチ
 
 
下巻:「将門と貞世」
 
竹内栄久は三代目歌川国貞でした。link    
Wikipedia link
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
各巻18ページです。
 
各巻の裏表紙 左下 右上 の書き込み
 
坂東市のサイトに、この絵本の詳細が書かれてあります。link
盛んに西洋の文学が翻訳発刊され、文字も活字印刷となった時代です。
このような和本の最期となる頃でした。
貴重な本を手に入れたと思います。
 
日本の近代文学史 Wikipedia link

生品神社 新田義貞が旗揚げした神社 群馬県太田市

4月3日

最期に生品(いくしな)神社をお参りしました。

15年ほど前に一度お参りに来ています。Wikipediaにあるように一説には平将門公を祀っていると記載されていたためです。

妙見菩薩・平将門 資料集     リンク          

生品神社 Wikipedia          

駐車場脇には、新田義貞の銅像が建てられています。

 

懐かしいですね。昔より遙かお参りが多いようでした。

 

神社の境内は、新田荘遺跡となっており、地元の方々は新田義貞を誇りに思っているようです。

旗揚げのあった日に因み、毎年5月8日に鏑矢祭が行なわれています。

 

 

 

 

生品神社 群馬県太田市新田市野井町1923   場所

天台宗 三鈷山妙見寺(旧七星山息災寺) 高崎市

かつては三鈷山息災寺といわれ、平将門の伝承にもある関東における妙見信仰の大元でもあります。
ここから妙見信仰は秩父、千葉に広がっていきます。妙見寺   妙見信仰  

妙見寺 群馬県高崎市引間町213 地図
 


妙見菩薩を祀る妙見社



御本堂の本尊は釈迦如来。

 
境内は桜が多いので、満開の頃訪れるのが良いと思います。
 
石祠の中の仏様。
 

 

ここに行くと必ず寄るのが、妙見茶屋本店です。妙見寺の南側にあります。支店が五店舗あるそうです。
商品はここの裏で作られています。
いつも求めるのは酒まんじゅう。美味しいですよ。


後から入ってきた人は、みたらし団子を注文していました。
こちらもお薦めです。

店舗の脇は、感じの良い庭があります。風情がありますね。

 
妙見茶屋本店  群馬県高崎市引間町159−1  地図

 

平将門伝説の七天王塚 千葉市亥鼻

郷土博物館の次に、七天王塚のある千葉大学医学部に向かいました。
博物館の北西にある階段を降りて行けば、大学のそばに出られます。
大学も亥鼻城の跡です。
 
北斗七星の形で七カ所に塚が築かれ、牛頭天王が祀られています。
 
 
 
 
 
 
以前行ったときは、校内に入れるか心配でしたが、気軽に入ることが出来ました。
これらの塚は、古墳を利用したのではないかと思われているようです。
都内にある平将門首塚も、今よりはるかに大きな古墳でした。
 
①校内
 
イメージ 3
 
 
②校内
 
 
車の場合、一般の駐車所は校内校外共にありません。亥鼻城址から南の方にはありましたので、そのあたりから歩いて行くしかないと思います。
 
 
 
 
③校内
 
 
 
 
④校内
 
 
⑤校内
 
 
 
⑥校外
 
 
 
 
 
 
 
⑦校外
 
 
以前行ったときには、枝が切られずに伸びていました。
切ると悪いことが起きると、伝えられていたようです。
 
今の時代では、切らざるを得なかったのでしょう。
 
 
千葉大学医学部
   千葉県千葉市中央区亥鼻 1-8-1 
 
次に栄福寺に向かいました。
 

息障院 埼玉県吉見町

息障院は山号が「岩殿山」で、元々は同じ山号の吉見観音安楽寺と同じ寺院だったそうです。

 


室町時代に源頼朝の弟の住んだ「伝範頼館跡」に息障院は移りました。
門前の東側、敷地の北側には堀跡が残されています。
江戸末期には末寺が百ヶ寺以上ありました。現在もかなりの末寺があります。


看板にあるように平将門公調伏の寺ですので、私は本来お参りしてはいけない立場ですが、円泉寺に入る前にもお参りしています。

成田山などと同じ宗旨の寺同士ですから、反将門公の寺院関係者といろいろな所で会うことになります。

 


  地蔵堂

 



塀に沿って館跡の堀が残されています。

 



幼稚園を経営しており、元気な園児の声が聞こえます。

都内散策

先月、首塚から上野まで1日かけて散策してきました。

大手町は地下鉄で行くのですが、地上に出る前に迷子になりそうです。友人にこの事を話すと笑われました。

 

平将門公首塚は次々とお参りがやってきます。

 

 

お堀の脇を通り、皇居東御苑に向かいます。

 

東御苑を半周し、天守閣の跡を登ってから北詰門に向かいました。

 

北詰門から北の丸公園は初めてです。

武道館ではサンタナの講演があるようでした。

 

靖国神社は鳥居の前で手を合わせただけで、次に向かいました。

 

筑土神社には平将門公が祀られています。

 

東京大神宮は女性の参拝客がいっぱいでした。いつの間にか縁結びの神社として知られるようになっていたようです。

男の人は、わずか3人でした。

近くの飯田橋駅はすぐ近くです。

御茶ノ水駅から神田明神に向かいました。ここも平将門公関連です。

神田祭の準備が始まっていました。

 

 

湯島天神の途中に妻戀神社がありましたので参拝です。すぐ前には話題になったアパホテルがありました。

他のアパホテルを利用したことがありますが、貧乏人の私には有り難いホテルです。

 

 

途中食事をして、湯島天神を参拝しました。旅行中の高校生が3人お参りしていました。

梅の実がいっぱいなっています。

 

神社の前を西に向かうと法衣屋さんがあり、和袈裟を求めました。

この通りを東に向かうと、上野に出ます。

途中、旧岩崎邸庭園を見学しました。

いつもは通り過ぎるだけでしたので、もっと早く見学しておけば良かったと後悔です。

残念なことに工事中で、建物に覆いが掛けられており、せっかくの外観が見ることが出来ません。

内部は素晴らしい造りになっており、旧財閥の資金力はすごかったことがわかります。

昔は現在の四倍の面積だったそうです。

 

さらに東に向かうと不忍池です。

やはり広いですね。


 

不忍池弁財天は直にお参りするより、遠くから眺める方が風情があります。

 

弁天様の参道をまっすぐ東に向かえば、清水観音堂です。

観音様をお参りし、上野公園を散策しました。でも足は棒です。

ヘブンアーティストのパフォーマンスが何カ所かでおこなわれていました。

 

一番の目的である東京化学博物館です。

6月11日(日)まで「大英自然史博物館展」が開催されています。

2017516211351.jpg

 

色々な化石、絶えてしまった動物たちの骨格、大英自然史博物館展に関わった人達、いろいろな面白い展示物が日本で見ることが出来ます。

 

シロナガスクジラの脇を抜けて外に出ました。

2017517111912.jpg

 

東京国立博物館も見学予定でしたが、疲れて今回はパスしました。

鶯谷駅から帰途につきました。ああ疲れた。

 

 

平将門浮世絵「前太平記擬ノ玉殿」 3代目歌川国貞(香朝楼)

明治時代の演劇の浮世絵(役者絵)です。
私が収集した平将門公関連の浮世絵5点目になります。
 
三代目歌川国貞が香朝楼を号した時期の作品です。この号は明治22、23年に使用されました。香蝶楼豊斎、一壽齊国政など、他にも色々変えています。
 
他の浮世絵師もそうですが、たびたび画号を変更するのも良し悪しでしょう。これを求めたとき、他の作者と間違えられていました。ひょっとすると私が間違えているのかもしれません。
 
 
三枚続きです。この作品は、明治23年に出版されました。
 
 
かなり良い状態でしたが、作品としては魅力を感じませんでした。
 
「前太平記擬ノ玉殿(ぜんたいへいきまがいのぎょくでん )」
明治234月市村座初演
   平親王将門(市川左団次)
   桔梗ノ前(沢村源之助)
   千種姫(尾上栄之助)
   俵藤太秀郷(尾上菊五郎)
   權ノ頭興世 (中村芝翫) 

前太平記 link
   歴史書として役に立たない通読書のようです。

三代目歌川国貞 Wikipedia link
 
※私が集めた他の将門公浮世絵は ブログlink を参照して下さい。
 

「鬼門の将軍」高田崇史著 平将門公は怨霊ではなかった!

以前読んだ高田崇史(たかだたかふみ)氏の「QED~ventus~御霊将門」は、謎解きも将門公への考察も表面的で、私にとっては満足できる作品ではありませんでした。
また、他の著者の「陰陽師」や「帝都物語」などの、おどろおどろしい作品にはなじめないモノがありました。
 

平将門首塚と成田山新勝寺

 
この作品は推理小説として読むには面白みはありませんが、将門公への長年の疑問がかなり解けた気がします。
成田山だけでなく、古い歴史の寺社などの歴史などをひもとくと、どうしてもおかしいと思うことがありました。
たとえば、平将門公の子孫(先祖の平良文が甥である将門公の養子となった)・千葉常胤が文治4年に成田山本堂を再建しているのですから。
 
内容を書くと興がそがれると思いますので書きません。
あえて言えば、明治政府の朝敵「平将門」とする思いが、結果的に伝説の元になったのだと感じました。
 
この本は天慶の乱を大まかに知るにも役に立ちます。
男気のある侠客の親分的存在であった将門公に、多くの人がひかれて集まってきたのでしょう。
 
今回は脇役として少しだけ出てくるのが、他の高田氏作品のあの漢方薬店店員さんです。まあ読んだことの無い人には、意味が分からないでしょうが。
 
 
なお、この作品には、私の属する宗派(真言宗智山派)寺院、千葉の「成田山新勝寺」、茨城の平将門公胴塚「延命院」、東京の「等々力不動満願寺」が出てきます。
 

阿伎留神社 あきる野市五日市

平将門公関連の寺の住職としては、藤原秀郷が将門公討伐の戦勝祈願をした神社では、行くべきで無いと言われるのでしょうが、あまり堅いこと抜きでお願いします。
 
 
 
ここでも雪がちらついていて、寒いのなんのって、以前お参りに行ったときは、人が居ましたが、今日は我々以外に誰も居ませんでした。
 
ここの宮司は、武蔵国造家につながるそうですから、とてつもなく古い家柄ですね。
息子の大学の同級生に出雲系神社の社家の末裔がいましたが、なんと出雲風土記に先祖の名があるそうです。
神社の宮司には、とんでもない長い歴史を誇る家系が各地にありますね。
そのなかには、古事記、日本書紀にない歴史が伝えられているところもあります。
 
歴史ある神社ですが、道も狭くお参りするのには分かりづらい場所にあります。
しかし、多くの樹木に囲まれ、とても気持ちの良い神社でした。
 
 
 
拝殿
 
本殿
 
占方神社は際神が、櫛真智神とありました。全く知らない神様です。
占いの神様なのでしょう。
 
 
 
 
天満宮です。以前は旗など無かったように思います。受験前にお参りが多いのでしょう。
 
 
 
それ以外に多くの小さなお社がありました。まいまい井戸もあるようです。
 
ページ上部へ