平将門

平将門の浮世絵

最近手に入れた浮世絵です。本物か、後世の復刻版かは不明です。

円泉寺の妙見堂に祀られていた妙見菩薩は、平将門公の念持仏と伝えられています。

残念ながら、現在の妙見様は、近年祀られた御尊像です。

妙見菩薩・平将門資料集 リンク

将門公にちなみ、購入した作品です。

 

歌川豊国の役者絵 「平親王 将門」(平将門)
豊国には、他にも同じ様な構図の浮世絵があります。
文久二年(1862)、中村芝翫(しかん)演ずる歌舞伎の浮世絵で「御好見立三福対」の一枚です。
 
下の図の役者も中村芝翫かもしれません。多分四代目と思います。
 

201723105429.jpg

 

「江戸の花 名勝会八番組  神田」

「江戸の花 名勝会」は東都の名所八カ所を選んで八枚一組とした作品群です。沢山の作者による江戸を紹介する錦絵のようです。

この一枚は、三代歌川豊国・歌川貞秀・歌川芳虎による一枚です。

 

豊国が尾上菊五郎の滝夜叉姫。

芳虎が戯画で将門公の首が飛んで、岩を噛んだ所が神田。

貞秀が神田明神の風景を描いています。

 

2017218131952.jpg

 

月岡芳年の浮世絵 「武者無類 相模次郎将門」

相模次郎将門とありますが、本来は相馬小次郎平将門です。

武者無類は武者震いから来ています。
 
大変迫力と見事な構図の浮世絵ですが、将門公はこの後に死を迎えることになります。
右上に鏑矢が描かれています。
この矢に驚いた愛馬が立ちすくみ、流れ矢に当たり討ち取られました。
 
いたみがありますが、四点の中で私が一番気に入っている作品です。
 

 

2017218134024.jpg

 

月岡芳年の浮世絵 「大日本名将鏡 平将門」
手前が平貞盛、奥があと少しで最期となる平将門公です。

 

20172310562.jpg

 

芳年は幕末から明治に掛けての代表的な浮世絵師でした。「最後の浮世絵師」と言われています。

 

3代目歌川国貞(香朝楼)の浮世絵「前太平記擬ノ玉殿」

20175419741.jpg

「前太平記擬ノ玉殿(ぜんたいへいきまがいのぎょくでん )」明治234月市村座にて初演 
平親王将門(市川左団次) 桔梗ノ前(沢村源之助) 千種姫(尾上栄之助) 俵藤太秀郷(尾上菊五郎) 權ノ頭興世(中村芝翫) 
 
豊原国周の同名の作品があります。早稲田大学演劇博物館 link
 
 
豊原国周の役者絵  平将門島広山討死の場
 
20177317469.jpg
将門公の背後に影武者が描かれています。影武者は六人いたと伝えられています。
この絵には二人だけですね。
 
201773175628.jpg
 
前太平記擬ノ玉殿」の最期の場面なのでしょう。
平親王将門(市川左団次)  千種姫(尾上栄之助)  俵藤太秀郷(尾上菊五郎)  平貞盛(市川権十郎)
 
千種姫は知らない名前です。役者絵を集めて初めて知りました。
歌舞伎の世界では、知られているのでしょう。
 
明治23年版
浮世絵は江戸期の物と明治以降は開化絵とばかり思っていました。維新後の歌舞伎の衰退が、役者絵のおかげで復活したようです。
すぐには文化は変わらないものですね。

 

将門軍記 上下巻  著者・竹内栄久 編[他]  出版者・小森宗次郎 
    和本の表紙です。
    竹内栄久は三代目歌川豊国でした。
    明治20年1月31日の発行です。
 
2017515213126.jpg
上巻:「将門と桔梗」 縦横約16.5-11.3センチ
 
 
2017515213154.jpg
下巻:「将門と貞世」
 
詳細は、他のブログを参照して下さい。ブログlink
 
番外  滝夜叉姫と平良門
三代歌川豊国  今様押絵鑑  七綾太夫(瀧夜叉姫) 
   滝夜叉姫は平将門の娘とされる妖術使い。
 
滝夜叉姫
 
 
三代歌川豊国  今様押絵鑑  平太郎良門
   良門は平将門の長男と言われる伝説上の武将。
 
平良門
 
 「江戸の花 名勝会 よ 一番組 中村芝翫/内神田橋芝崎の里/内神田」
三代歌川豊国他
 
 

「江戸の花 名勝会八番組  神田」に比べると残念ながら汚れが目立ちます。

小学生の頃、妖術比べの絵が子供雑誌に掲載されていたのを思い出します。誰かは忘れていましたが、ガマガエルとなった姿は不気味でした。

近所の子とマネをして遊んだのを思い出します。

 

平将門の子孫・三田氏のお寺 海禅寺 東京都青梅市

海善寺は平将門公の子孫と称した三田氏のお墓があるお寺です。
三田氏の関連もあるのでしょう、青梅市には大きなお寺が多いです。
かつて栄えた地域であったことが分かります。
 
 
今日はかなり歩いたので、この程度の階段でも、きついです。
本当に情けない。
 
すごい山門です。すぐ脇に無粋な避雷針が立っていますが、何度も火災に遭った寺としては、致し方が無いですね。
 
 
 
緑の多い境内は以前来た時もきれいに掃き清められ、気持ちの良いお寺です。
先ずは御本堂に参拝しました。
 
 
現在はこのように本堂を開け広げているお寺は、ほとんど無いでしょう。
見えないところにセキュリティ対策が施されているのかもしれません。
 
 
御本堂を左に折れると、三田氏の墓と伝えられる場所に出ます。
 
 
 
 
 
春の桜の頃は、見事でしょう。
 
 
 
大きな楠が何本かあります。たしかに山間部では珍しいですね。
 
 
ツツジや桜の花の頃は、多くの方が見学に訪れるそうです。
 
青梅市の中心地は青梅宿として栄えましたが、現在は東部の平地が栄え、旧市内や山間部は大変なのだそうです。
私も以前は時々青梅に行くことがありましたが、旧市内はほとんど行ったことがありません。
山間部には、小さなお寺がいっぱいです。以前知り合った住職さんは、他のお寺の手伝いで、やっと食べてると言っていました。無住のお寺も多いようです。
関係ない話で、申し訳ありません。
 
 
青梅市二俣尾4-962   地図 

総社神社 群馬県前橋市

 
 
総社神社には、二度目の参拝となります。
 
総社神社  リンク 
群馬県前橋市元総社町1-31-4
 
平将門公は神託によりここで新皇を称したと言われています。
 
 
 
 
 
 
 
総社長尾氏の居城・蒼海(おうみ)城の赤文字が総社神社。
国府跡を城として使用したようです。
 
尚、長尾景虎(上杉謙信)は同族です。
 
 
 
 
 
 
あと少しで、平成29年です。
来年は良き年でありますように。
災いは去ったでしょうか?。
 
 
本殿裏には道祖神などが集められていました。
良い表情をしています。
 
 
なんと素晴らしい大木のオブジェです。
 
 
 
 
駐車場は本殿裏側になります。
表からは入れません。
 

紅葉の柳沢寺 群馬県北群馬郡榛東村

柳沢寺(りゅうたくじ)には面白い縁起が残されており、7、8年ほど前にも参拝したことがあります。
 
 
柳沢寺  群馬県北群馬郡榛東村山子田2535  link    地図
 

 

千葉氏の祖・千葉常将(平常将)が、子に恵まれず、船尾山の観音様に祈ると、一子満若が産まれました。
榛名山の天狗が満若を隠すと、常将は寺が隠したと勘違いして、焼いてしまいましい、間違いと分かると自害してしまいました。
常将の妻は柳沢寺の所に寺を建立した後、池に身を投げて死んでしまった。
しかも以前参拝した高崎市引間の妙見寺との関係も伝わっています。
 
 
高崎市の妙見寺
 
修験が積極的に伝承に関わっていたようです。
信じられない伝承です。
 
千葉常将 Wikipedia link
詳しくは学習院大学の青木祐子先生「榛名山東南麓の千葉氏伝承」PDFを参照してください。  link
秩父や以前書いたハ菅修験もここの修験と関連があり、平将門伝説、妙見信仰に結びついているようです。
 
※柳沢寺、妙見寺、ハ菅修験などのことは、このPDFにも資料としてある村上春樹氏(国文学者)の「将門伝説」(吸古書院)に書かれていました。
 
 
 
以前書いたハ菅神社ブログ link
 
寺の北東200メートルには、千葉常将を祀る常将神社もあります。ここにも常将伝承がありました。
 
また、近くには自衛隊の相馬が原演習場、相馬山(黒髪山)があります。相馬山には平将門公(黒髪明神)の石仏が祀られているそうです。
相馬山の麓にも以前行きましたが、登山はあきらめました。来てみるとチャンとした装備で登る人ばかりでした。
 
 
山門を通り、観音堂に向かいました。
 
 
元々あったのか、近在から集められたのか分かりませんが、たくさんの石仏が祀られています。
 
 
 
 
友人達も熱心にスマホで写真を撮っています。
 
 
 
永代供養のための五重塔です。
 
 
 
延暦寺の直末として多くの学僧が学んでいたそうです。
 
 
 
上州七福神の毘沙門天札所、東国花の寺百ヶ寺にも選ばれており、冬以外の季節は常に何かしらの花が咲いていて、特に4月上旬から中旬まで、桜、椿が見頃だそうです。
もっと知られていてもよいお寺です。
 

平将門伝説と内田康夫著「中央構造帯」

以前さいたま文学館企画展「平将門 文学は史実を越えて 錦絵が誘う文学散歩」に行きましたが、その折展示されていた(或いは紹介されていた?)、内田康夫著「中央構造帯」(浅見光彦シリーズ)です。
 
 
この作家の作品は、第一作の「死者の木霊」から十年ほど前の作品までは、全て読んでいました。
今でもこの作家の浅見光彦シリーズなどは、テレビドラマ化されています。
 
この「中央構造帯」は平将門の呪いと某銀行の世界が丁寧に描かれています。
 
しかし、この本のなかで記憶にあったのは、茨城県岩井市(現坂東市)出身のヒロインが東京の大学に入ると、郷土の英雄である将門や国王神社のことを「マサカドって?」「それって、何?」と言われるほど知らない人が多いことだったことと、都内の首塚、市川市の「八幡不知藪(やはたやぶしらず)」、埼玉県荒川村(現秩父市)の将門伝説ぐらいでした。
 
記憶力のなさは、あきれるほどです。
ある推理小説では、最後に犯人が分かったときに読んだことを思い出したこともあります。完璧に忘れている作品もあると思います。
 
ですから、小説を読んで何度も楽しめる年齢になったようです。
 
将門塚
 
内容は大変面白かったのですが、これは略します。
 
某銀行のことは、バブル絶頂期後のことで、あんなことがあったな~と思い出します。
今の中国が同じようになり、日本や他の国々があおりを食わなければいいと思うのは私だけではないでしょう。
 
楽しみながら将門公の関連した土地を知るのに役立つ推理小説です。
 

妙見寺 高崎市引間町

妙見菩薩と平将門公を調べ始めたのが十数年前でした。その頃と5年以上前にお参りに来ています。
妙見菩薩資料集  link  
 
天台宗妙見寺  群馬県高崎市引間町213  地図
 
 
 
 
 
千葉妙見大縁起にある平将門、平良文の前に現れた七星山息災寺(現・天台宗妙見寺 高崎市引間)妙見菩薩。
染谷川の浅瀬を渡るところです。
 
 
妙見寺前の妙見菩薩が現れた染谷川ですが、千葉妙見大縁起とイメージが重なりません。 地図 
以前以前書いた大縁起展のブログ  link    
 
看板中に書かれている「総社長尾氏」は平良文の子孫ですから、当然妙見菩薩への信仰を持っていたはずです。
長尾家は山内上杉家とともに長尾景虎を頼りました。
 
上杉謙信(長尾景虎)とも同族です。景虎が上杉家の養子となったのも総社長尾氏との関連もあったと思います。
謙信も妙見信仰がありました。
 
 
妙見前の染谷川
 
左が妙見堂(本尊妙見菩薩)、右が本堂(本尊・釈迦如来)
 
 
 
 
 
 
 
とても素晴らしい建物です。彫刻も見事です。
 
 
 
 
古い妙見寺のお姿札
 
妙見堂の西隣に歴代住職のお墓がありますが、その脇に石祠が集められています。
埼玉では見かけることがない形をしています。
中世末期から近世前期の墓石(廟墓)でした。歴代の御住職の墓なのかもしれません。
 
 
 
 
ここにお参りに来ると必ず寄るのが妙見茶屋です。
県内に数店舗ある本店です。
初めてここに来たとき、ここの女将さんが「妙見寺は住職が来てから、ずっと良くなりました。」と話していたのを思い出します。
無住の時代が長かったようです。
 
 
 
ここに来ると必ず酒まんじゅうを買って帰ります。
私の地元にもありますが、地元と風合いが違って美味しいです。
 
次回は、すぐお隣の「上野国分寺跡」です。
 

さいたま文学館企画展「平将門 文学は史実を越えて 錦絵が誘う文学散歩」

たまたまネット検索すると、文学館企画展「平将門 文学は史実を越えて 錦絵が誘う文学散歩」を見つけ出かけました。
10月1日より11月27日
さいたま文学館 埼玉県桶川市若宮1-5-9    
企画展link     
 
 
 
私の所から圏央道で約30分ほどで行けました。以前なら1時間半はかかっていました。
 
さいたま文学館
 
桶川駅西口から約300メートル
です。
 
 
写真が撮れるのは、エントランスから企画展入口までです。
企画展では、国貞、国芳、国周などの錦絵が一番の見物です。但し作品の入れ替えがありますので、もっと実物があるとありがたいと思いました。
将門記の版本、近代、現代の平将門公の小説なども展示されています。
 
 
番外
 
「入間路(いりまぢ)の 大家が原の いはゐ蔓(つら) 
引かばぬるぬる 吾(わ)にな絶えそね」
 
「伊利麻治能 於保屋我波良能 伊波為都良 此可婆奴流奴流 和尓奈多要曽称」
  万葉集 巻14-3378 作者未詳(東歌)
 
 
一番面白かったのは、万葉集のこの歌碑が、確か入間郡部に六カ所(だったかな)あることがわかったことです。
坂戸の東京国際大グラウンドの北に歌碑があります。坂戸市(旧入間郡坂戸町)にある大家小学校、西大家駅がありますので、碑はここだけだと思っていました。場所
ひょっとすると、この近くにもあったような気もします。
実際には、もっとあるのかもしれません。
 
入間郡部で大家の付く地区は、ここだけだったと思います。
 
入間群、入間市、入間川は「いるま」と読まれていますが、古代から「いりま」と発音されていた証拠です。
私の生まれた地区では、かつて入間を「いるま」と言わず「いりま」と言っていました。私も時々「いりま」を使います。
 
いはゐ蔓とは「すべりひゆ」だそうです。すべりひゆlink
「ジュンサイ」説もあるようです。
 
 
文学館は駅西口公園の中にあります。結構広く緑も豊かです。
 
 
 
 
 
文学館に入ると、午後来られる予定のお客さんが、都合悪くなったとの電話が入りました。
急遽、群馬県高崎市引間の妙見寺、国分寺跡、国分寺(後継寺院)、かみつけの里博物館に行くことにしました。
 
今回もAさんが運転でしたので、安心です。
次回のブログは妙見寺です

「千葉妙見大縁起の世界―千葉妙見大縁起絵巻の全容―」 千葉市立郷土博物館

千葉市立郷土博物館、七天王塚、栄福寺、千葉神社に行ってきました。四回に分けて掲載いたします。
朝8時に出かけ、17時半の帰宅です。
 
まずは、千葉市立郷土博物館で開催された「千葉妙見大縁起の世界―千葉妙見大縁起絵巻の全容―」です。
JR本千葉駅より歩きました。
 
 
 

平成28年8月9日(火曜日)から平成28年年12月11日(日曜日)まで開催され、会期中展示替えが行われます。 企画展link

 
 
千葉市立郷土博物館
千葉市中央区亥鼻1-6-1 地図
 
 
亥鼻城址
 
千葉常胤の銅像
 
 
 
城跡に文化施設があり、城を模した館物が千葉市立郷土博物館になっています。
 
 
 
お城に入ると受付の先に大きな千葉妙見大縁起のパネルがあります。
 
 
 
上記は平将門、平良文の前に現れた七星山息災寺(現・天台宗妙見寺 高崎市引間)妙見菩薩。
妙見寺へは何度もお参りに行っています。近くには国分寺跡もありますので、今年中には、また訪れてみる予定です。地図
ちなみに高崎市新町にも日蓮宗妙見寺があります。
 
千葉妙見大縁起(栄福寺蔵)  link  より 
   上・下二巻の絵巻は、千葉氏が妙見尊の御加護によって数度に及ぶ合戦に勝利をおさめた様子を描いたものです。
 絵巻の 奥書(おくがき) から、享禄元年(1528)本庄伊豆守 胤村(たねむら) が 詞書(ことばがき) を作らせ、その後天文19年(1550)詞書と絵を合せて上・下二巻の絵巻にさせたと思われます。
(千葉市教育委員会『千葉市文化財マップ』より抜粋)

千葉神社の前身である 北斗山金剛授寺(ほくとざんこんごうじゅじ) ( 妙見寺(みょうけんじ) )の19世 光雅(こうが) が 寛文(かんぶん) 2年(1662)11月に書いた『 下総(しもうさ) 国千葉郷妙見寺大縁起』によると、この絵巻はもと妙見寺にあったが、光雅が住僧となった 寛永(かんえい) 19年(1642)10月にはすでに 栄福寺(えいふくじ) の所蔵に移っていたという。 
(千葉市『千葉市の散歩道』より抜粋)
 
別のlinkも参考になります。
 
縁起絵巻は千葉県指定有形文化財になっています。
 
企画展の入り口では千葉常胤の像が迎えてくれます。千葉常胤Wikipedia link
 
 
 
企画展の中は、いくつかに分かれており、時代ごとに分かりやすく解説されています。
千葉妙見大縁起は第一巻が展示されていました。部分だけです。
展示替えされていくようです。
①10月18日(火)より展示開始
②11月 1日 (火)場面替え
③11月15日(火)場面替え
④11月29日(火)場面替え
これらは撮影禁止でしたので、パンフレットの画像などを参照してください。
 
 
パンフレットの裏面一部分
 
撮影可の場所だけ撮してきました。
 
 
 
千葉氏の末裔が各地に移住すると、各地に妙見菩薩を祀りました。
北は青森県、南は鹿児島県まで祀られています。
 
 
 
展示パネルの説明が書かれています。31枚全部いただいてきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
左が堀内神社に祀られていた妙見菩薩像(複製)と右、東保胤氏より寄贈された妙見菩薩像の複製。
 
神田明神の平将門と七人の影武者の掛け軸(複製)もありました。
 
 
 
 
平安以前の発掘物も展示されていました。
 
 
 
以前来たとき求めた「紙本著色  千葉妙見大縁起絵巻」(千葉市立郷土博物館刊)は、まだ在庫があるようです。
 
妙見菩薩に関しては、二階堂善弘氏(関西大学)の「妙見菩薩と真武信仰における文化交渉」PDFがためになります。link
 
日本全国の妙見菩薩・平将門関連資料集が私のHome pageにあります。
但し、専門家ではありませんので間違いも多いと思います。  link
 
郷土博物館を出ると、ちょうど昼頃です。
城址内すぐ近くにある「いのはな亭」で食事をしました。
 
 
 
 
 
うどんにしましたが、結構美味しいです。甘い物なども多く、私以外は女性ばかりでした。
水琴窟もありました。
 
次に近くの千葉大学医学部内と道路反対側にある七天王塚に向かいました。
七天王塚は平将門公の七人の影武者の墓とも伝えられています。
 

愛川町郷土資料館企画展「相模国八菅修験」- 神奈川県

先日のハ菅神社参拝の折、「ハ菅修験」展があることを知り出かけました。
   
 
 
車は神奈川県立あいかわ公園の駐車場に駐めます。
 
 
 
 
公園入口を通り、案内板に沿っていけば郷土資料館です。
 
 
 
正面が資料館です。
※橋が曲がって見えますが、パノラマ写真を撮影するとき、少し平行でなかったからです。
 
 
 
中に入るとステゴドン(アケボノゾウ)が迎えてくれます。
ここから先の展示室に入ると写真は撮れません。
 
 
 
ハ菅神社は廃仏毀釈前は、「ハ菅山八社権現」と言われ、光勝寺を中心とする50坊以上の寺院を擁する聖護院門跡の本山派修験の寺でした。
 
愛川町の指定文化財の内、なんと三分の一以上が、ハ菅神社関係だそうです。
この企画展では、現在まで伝えられる貴重な品々が、展示されています。
 
パンフレットにある役行者像はレプリカでしたが、常に資料館に展示されています。
今回は、昭和47年に発掘された八菅山経塚より出土した和鏡、壺、木造念持仏・愛染明王(本物)などが展示されています。
 
古文書に興味深い内容が記されているようです。
ハ菅の安達原姓の家は、上総介広常の末裔だそうです。前宮司が千葉姓、元安養院は相馬姓ですから、以前書いたように平将門公の子孫として繋がる伝承が残っていたのではないでしょうか。
 
「銅像聖観世音菩薩立像」は、八菅山を崇敬した鎌倉時代の武将、海老名季貞の守護仏で13~14世紀に作られたようです。
 
「金銅杵と金銅鈴」は峰入作法書に、五鈷、三鈷、独鈷杵は磨くべからざる事とあるそうです。
 
棟札は戦国時代に荒廃していたハ菅権現が、天文10年(1541)に再建されたことが記されています。
 
修験の峰入りのルートは、八菅山から丹沢山系、大山不動へ向かった様です。
 
正応4年(1291)の碑伝の複製は368㎝あり、峰入修行の証だそうです。
 
 
他にもいろいろな興味深い展示物がありました。
 
 
常設展では、中津層群の化石。中津川域の自然、地質、岩石、草花、イノシシなどの剥製、昆虫などが展示されています。
 
興味深い展示もありました。
 
三増合戦資料は、武田軍と北条軍との戦の陣立図があり、武田勢が勝ったそうです。
 
 
現在の三増地区
 
半原の宮大工は勝楽寺や龍福寺の山門を作りました。大山不動の宮殿の図も展示されています。
 
中津の座敷箒は神奈川では有名で、大塚地区は9割が携わっていたそうです。中津台地には、ホウキトウモロコシが散見されていました。
しかし、昭和40年代になると掃除機の普及で姿を消していったそうです。
 
糸の町として知られ、撚糸作業の機器や作業風景の写真が展示されています。
 
戦前は陸軍の飛行場もありました。
昭和19年(1940)から終戦まで「疾風(はやて)」の基地でした。
その後この場所は、工業団地に変わっていきました。
 
三増の獅子舞の様子も展示されています。
 
 
愛川町資料館
  神奈川県愛川町半原5287  地図
 

無量光寺 相模原市

かつて私は妙見菩薩を調べていた折りに、お参りに来たことがあります。
 
ここは踊り念仏で知られる時宗(じしゅう)の旧大本山であり、一遍(いっぺん)上人ゆかりの寺です。
 
 
無量光寺本堂
 
一遍上人が23歳の弘長元年(1261)に諸国遊行の途中、草庵(現在の瑠璃光寺)に宿をとり念仏を唱えていると、深夜に亀に乗った 妙見菩薩が示現しました。
翌朝、相模川の対岸の丘に、妙見菩薩の小さな祠を見つけたとつたえられています。
ここを「金光寺」と名付けました。
 
嘉元元年(1303)、他阿真教(たあしんきょう)上人が、ここに無量光寺を建立したのだそうです。
他阿上人は都内の平将門首塚の伝承では、平将門の祟りを収め、神田明神に祀ったと伝えられています。
 
しかし、私は平将門公が荒ぶれた怨霊だったはずがないと思っています。
 

一遍上人像

 
山門
 
緑の多い境内
 
 
徳川家康は松平を名乗っていた頃は、代々時宗の信徒だったようです。
後に浄土宗に変えたようです。
 
そのために浄土宗以上に勢力があった時宗は、末寺が次々に浄土宗に変わっていったと聞いたことがあります。
無量光寺の何代か前のご住職は、浄土宗の出身でした。
 
 
かつてここまで来たときは、二時間ぐらいかかっていましたが、圏央道ができて近くなりました。「相模原愛川」ICからすぐです。
 
 
さらに脇にバイパスが通っており、ICから一直線でこれます。地図
電車で来る場合も相模線「原当麻」から1㎞ほどです。
 
ページ上部へ